【体験談】休学して「何もしない」という選択肢【大学休学のメリット・デメリット】 | キャンパスライフ

【体験談】休学して「何もしない」という選択肢【大学休学のメリット・デメリット】

“おさる校長”

「きゃんぱすらいふ」を運営するおさる校長です。今日は、休学経験者から休学の体験談を語ってもらいました。

こんにちは、大学3年時に休学を経験したことがある、ライターのたくみです。

休学という選択肢について考えたことはありますか?

 

僕は、大学3年時に「大学を休学する」という選択肢をとりました。

休学をして、人生が180度変わりましたし、休学して本当に良かったと実感しています。

当記事の内容

  • 休学者のデータや休学者の目的、休学の手順等について
  • 休学して「何もしない」という選択肢について
  • 休学の体験談
  • 休学のメリット・デメリット
  • 休学のおすすめの過ごし方についてなど

手前味噌ですが、これから休学を考えている人、今休学している人にはかなり参考になる情報だと思います。休学のリアルが分かるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも休学とは?

休学とは、生徒の様々な理由(経済面、家庭の事情、身心の影響等)から、学業を休むことです。

休学するにはどのような手順が必要か?

休学をするには、大まかにいうと以下のステップをする必要があります。

学校へ休学届けを提出する→休学の許可がでる→休学

他にも、休学の際に考えたいこととして、「親から許可を得る」、「どうやって親を説得するのか?」などを考えておくべき人もいるでしょう。

 

休学の申請期間や申請場所、休学期間等については学校によって違います。気になる人は、自分の学校のHP等でチェックしてみましょう。

 

また、休学期間中に授業料についても学校によってバラバラで、一部払う必要がある場合や免除の場合等があります。

休学者の割合は?

少し古いデータになりますが、2014年に文部科学省が公表したデータによると、全大学生の2.3%の学生(67,654人)が休学していました。

大学を休学する目的(理由)は?

休学をする目的としては、人それぞれ様々な理由があるかと思います。

休学の理由として多いもの
  • 留学・ワーホリへ行くため
  • 身体・精神面の不調による
  • 金銭的な理由
  • インターンのため
  • 企業のため
  • スキルの向上など
様々なサイトを見ていると、「休学はしっかりとした目的を持たなければうまくいかない」なんてことも書かれています。

しかし、僕は特に大した目的など持っていなかったのにも関わらず、休学しました。個人的に、この休学は僕の人生を変えたし、大成功だったとも言えます。

【体験談】大学を休学して「何もしない」という選択肢

繰り返しになりますが、私は何の目的もなく休学を選択肢、最初の頃は「何もしない」という選択肢をとりました。

 

休学をしたからこそ、何かしなければいけないと焦る気持ちは分かりますが、1〜3ヶ月くらいはゆっくり休んだり、のんびりしたり、人生についてあれこれ空想に耽る時間をとっても良いと思います。

 

人生単位で考えた時に、数ヶ月くらいであれば短いものです。

 

何もせず、ゆっくりと考える時間を取れたことは、僕自身とても大きかった。自分の進むべき方向性がはっきりと見えたし、その光の射す方へ寄り道することなく人生を過ごせるようになった。

 

僕の場合、1、2ヶ月くらい何もしないでいると、飽きてきちゃって逆に何かしたくなります。そして、様々なことにトライしました。

お金がないならリゾートバイト→やりたいことという選択肢がおすすめ

例えば、やりたいことや興味があることはあるけれども、お金がないという人は、リゾートバイトへ行ってからやりたいことをやってみるのをおすすめします。

MEMO

例えば、リゾートバイトに半年くらいいけば100万円の貯金は全然達成可能です。(僕の友人は、実質5ヶ月以内に100万貯めていました。)

リゾートバイトで100万くらいサクッと貯めてから、やりたいことをやったら良いと思います。100万円くらいあれば留学も行けることでしょう。

【体験談】大学生にリゾートバイトが超絶おすすめ!冬休みと夏休みに行ってきた!

ちなみに、留学に行ってみたい人は、リゾートバイト業界大手の「アプリリゾート」という会社の「ZEROから留学」というサービスを利用することをおすすめします。

「ZEROから留学」なら、英語が話せない、お金もないという全くの0からでも留学を叶えてくれる素晴らしいサービスです。

 

詳細は公式HPをチェックしてみてください!↓↓↓
【0円留学】国内ワーホリ経由≫海外留学行き|留学貯金0円&英語力0の留学希望者を徹底サポートするのが「Global Dive」です。

休学して感じたメリットは?

実際に僕が休学して感じたメリットは以下です。

休学のメリット
  • 自分の人生についてゆっくり考える時間ができる
  • リフレッシュできる
  • 新しい経験ができる。経験値が上がる
  • 自由時間が多い
  • 普段会えない人と会える

自分の人生についてゆっくり考える時間ができる

上述した通り、休学して環境を変え、自分の人生についてゆっくり考えることができたのは非常に大きかったです。

自分の人生について何となく考えたことはあるものの、漠然としていてはっきりとした将来像を描けていませんでした。

将来像がないということは、ゴールのないマラソンを走っているようなもの。

ゴールがあることによって、達成できるかどうかは分からないものの、人生の過ごし方が180度変わってくると思います。人生の充実度が大きく変わりました。

リフレッシュできる

僕にとって、今までの大学生活はどこか冷めていました。

大学の最初の2年間では、何も考えずに大学生活を送ってしまい、「ああ、このまま周りと同じように何となく入れる会社に入って、何となくサラリーマンを続けていくのだろうな」と思っていました。

休学をして、数ヶ月のんびりと過ごすことによって、心のリハビリができましたし、何かやってやろうという活力が湧いてきました。

新しい経験ができる。経験値が上がる

もちろん、休学をしても最初の頃の僕のように、何もしない人もいるかと思います。

しかし、自分次第では普段はできないような新しい体験ができます。

僕は、数ヶ月のんびりと過ごした後に、リゾートバイトへ行く→留学するという流れをとりました。

大した人生を送っていなかった僕にとって、この休学期間は人生で1番濃い1年間になったと実感していますし、結果として経験値が爆上がりしました。

ただ何となく毎日を過ごしてしまっている人は、1度立ち止まることも必要かと思います。

自由時間が多い

休学中の時間の使い方は、自由です。

何をしても良いですし、大学の授業に出かける必要もありませんし、課題もありません。

有意義に時間が使えるかどうかは、自分次第ですが、これだけ何をしても良い期間は人生でもうないかもしれません。それくらい自由時間が多いです。

普段会えない人と会える

休学して、様々なことにトライしたことによって普段会えない人と会うことができました。

リゾートバイでは、大学時代には絶対に会うことができなかったであろう、自由人や変人に会って、僕の価値観は驚くほど変わりました。

留学では、国境も人種も考え方違う人たちと出会えて、大きな影響を受けました。

人は時として、出会いによって価値観や人生を大きく変えてしまうものです。休学に興味のある人は、ぜひ普段は会えないような人と出会ってみることをおすすめします。

休学して感じたデメリットは?

休学のデメリット
  • 周りの友人と1年遅れをとる
  • 卒業が1年遅れる
  • 時間を無駄にしてしまう人も

休学にはメリットもありますが、やはりデメリットも感じました。

周りの友人と1年遅れをとる

休学をすると、周りの友人と1年遅れをとります。

例えば、周りが就職を始めたとしても、自分は1年後に就職を始めます。

友人達とタイミングがずれてくることによって、ちょっと遅れてしまったという感情を抱くこともあるでしょう。

卒業が1年遅れる

せっかく大学で同学年の友人ができたとしても、友人達は自分より1年早く卒業していきます。

私は、優等生ではなかったので、4年になってもそれなりに取るべき単位が残っていました。

その結果、授業に1人で出てちょっぴり寂しい気持ちにもなりました。(なぜか成績は爆上がりしました。)

時間を無駄にしてしまう人も

上述した通り、休学は自由時間だらけです。

休学して「何もしない」という選択肢はありだとは思いますが、流石に1年間何もしないのはもったいないとも思います。

休学という何をしても良いゴールデンタイムを消極的に過ごすか、積極的に過ごせるかはあなた次第です!

ぜひ、休学する人は後悔のない休学ライフを過ごしてほしいと思います。


このように、休学はデメリットも存在します。

しかし、1年遅れることに関しては大きなデメリットにはならないかと思います。例えば、大学には留年する人、浪人して1年遅れる人もいますが、

後になってみて、1年間の空白期間はそれほど気になりませんし、僕自身大きなデメリットは感じていません。

休学して就活に悪影響はあるのか?→むしろ有利に?!

1年間休学すると、就活に悪影響があるのではないかと心配してしまう人もいるかと思います。

しかし、休学や浪人、留年などで1年間遅れることに対して、企業側はそれほどネガティブな印象を持っていません。

むしろ就活で有利になる

むしろ、僕は休学中の過ごし方によって企業から好印象を受け、内定をいただくことができましたし、確実に休学が就活にプラスに働いたと言えます。

もちろん、休学中に何もせず、休学した理由についても合理的な答えが用意できない人は、不利になることもあるでしょう。

しかし、休学で人生について考えたことによって進みたい道が見え、自分の芯がはっきりしましたし、企業や業界選びで悩むことは全くありませんでした。

休学で就活に有利になる例

例えば、休学して留学をすることによって英語のスキルが上がり、有利になることがあります。

 

英語を学びたいのならば、フィリピンの格安留学がおすすめです。

僕自身フィリピンの格安留学を利用しました。興味のある人は、まずはエージェントに無料の資料請求をしてみることをおすすめします。

格安のフィリピン留学!無料の資料請求はこちらから

また、今流行りのプログラミングを学んでおけば、IT企業からエンジニアとして内定をいただくことは難しくありません。

say img=”http://arubaitowork.com/wp-content/uploads/2019/06/5CF16EF0-7617-4656-8FD6-863128AD1C87.png” name=“おさる校長”]現在、IT企業でエンジニアとして働くおさる校長です。プログラミング学習の補足を載せておきます。[/say]

プログラミング習得への道
  1. まずはプログラミング言語を決める(作りたいもの、興味のあるものから逆算)
  2. Progateや本で基礎を学ぶ
  3. プログラミングスクールを利用する
  4. 作りたいものを作ってみる

プログラミングを独学で学んでいると、必ず壁にぶつかることもあるでしょう。そんな時こそ、プログラミングスクールを利用することをおすすめします。

つまり、自分で学べるところまで独学して、壁に当たったところでスクールを利用するのが効率的です。

 

スクール選びは以下のページを参考にしてみましょう。

大学生におすすめのプログラミングスクール厳選3社!エンジニアの僕が語る

休学で何をする?暇にならないための過ごし方

休学で何をして良いか分からない人へ、おすすめの過ごし方について触れておきます。

休学でおすすめの過ごし方
  • 留学
  • リゾートバイト
  • ブログ
  • 自己分析
  • インターン
  • 一人旅
  • ヒッチハイク
  • 起業
  • ボランティア

また、大学時代にやっておきべきことを潰していくのもおすすめです。

詳しくは以下の記事を参考にどうぞ!

大学時代にやっておくべきこと17選!これだけやっておけば後悔しない!

まとめ

いかがだったでしょうか?

休学についてイメージできましたか?

休学はデメリットの部分ばかり見えてしまうかもしれませんが、僕自身、実際に休学してみてあまりデメリットは感じていません。

むしろ、休学したことによって人生が充実したとさえ思います。

人生に行き詰まっている大学生は、休学をして立ち止まってみるという選択も大いにありだと思います。

今休学している人も、これから休学しようとしている人も絶対に後悔しない休学ライフを過ごして欲しいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です