【体験談】大学生にリゾートバイトが超絶おすすめ!冬休みと夏休みに行ってきた! | キャンパスライフ

【体験談】大学生にリゾートバイトが超絶おすすめ!冬休みと夏休みに行ってきた!

夏休みと冬休みの長期休暇を利用して、リゾートバイトへ行ってきました。

2回のリゾートバイトを実際に経験して、リゾートバイトが大学生に超絶おすすめであるという結論に至ったので、ご紹介します。

 

当記事では以下のようなことが分かります。

  • リゾートバイトの体験談
  • リゾートバイトのメリット・デメリット
  • 実際の仕事内容についてなど

リゾートバイトは、大学生におすすめと言いましたが、実際のところきついこともありました。

なので、今回は良かったところも悪かったところも赤裸々に暴露していきたいと思います。

リゾートバイトとは?

そもそもリゾートバイトってご存知ですか?

リゾートバイトとは、全国のホテルや旅館、テーマパーク、スキー場などのリゾート地へ行って、住み込みで働くアルバイトのことです。

こんな感じのPR動画もあります。

なぜ僕がリゾートバイトに行こうと思ったか?

僕がリゾートバイトに行こうと思った経緯は、ネットなどで「短期間でお金が貯まる」という書き込みを見かけたからです。

当時は、ハイパー貧乏人だったので、リゾートバイトへ行って短期間で貯金がしたいと思い、行ってみました。

リゾートバイトへ行って良かった点

リゾートバイトへ実際に行って良かった点を述べていきます。

リゾートバイトには、行った人しか分からない魅力があるので、そのことについて語っていきたいと思います。

とにかくお金が貯まる!

リゾートバイトはとにかくお金を貯め放題です。

夏休みの繁忙期に働いた時は、1ヶ月で30万円近くお金を稼ぐことができました!

しかも、寮費や食費、光熱費、交通費等は一部、ないしは全額支給されるため、出費がないのです。

 

リゾート地は都会に比べると、出費の誘惑が少ないことも相まって、とにかくお金が貯め放題でした!

短期集中型でお金を稼ぎたい人にはとにかくおすすめ!

無料で遊べる

例えば、冬のスキー場へ行った時は、スノボーが滑り放題でした。

自分は、スノーボード未経験でしたが、毎日滑っていると、かなり上達して帰ることができました。

リフト券なども無料で貰えたので、毎日無料でボードを滑ることができました!

 

また、夏休みは同じアルバイトの学生と花火をしたり、お酒を飲んだり、最高の時間を過ごすことができました。すごく楽しかった!

また、リゾート地は観光名所もたくさんあります。休みの日はほとんど無料で観光したりしていました。

出会いが多い!

リゾートバイトは出会いが多いのも魅力の1つです。

繁忙期になると、自分と同じように、全国から学生が派遣されてきていたので、同性異性問わずたくさんの出会いがありました。

ちなみに、恋人を作りたい人にもリゾートバイトは超絶おすすめです!

とあるアンケート調査の結果によると、リゾートバイトに来ていた人の4人に1人はカップルになって帰ったというデータもあるようです。

ちなみに、僕自身出会いは多かったですが、彼女を作ったかどうかは察してください。笑

非日常を体験できる

リゾートバイトへ行って、素晴らしいなと思ったことは、「非日常」を経験できるという点です。

リゾート地で暮らす経験は、社会に出てからでは体験できないことだと思うのです。

それぞれのリゾート地にそれぞれの良さがあると思います。僕の場合だと、スキー場はスキー場の良さがあるし(ボード滑り放題)、夏休みは海沿いのホテルに行ったのですが、休みの日は潮風に揺られながら、海でぼーっと黄昏ていました。

普段の生活では味わえないことばかりだったので、とても刺激的でした。日常生活でマンネリ化している人にも、リゾートバイトはおすすめです!

リゾートバイトの魅力まとめ
  • とにかくお金が貯まる
  • 無料で遊べる
  • 出会いが多い
  • 非日常を体験できる

リゾートバイトのここが嫌だった!

リゾートバイトの魅力が分かったところで、次は嫌だった(きつかった)点をご紹介しておきます。

やはり、ネットの評判にもあるように、リゾートバイトはきついこともあるのが事実です。リゾートバイトのデメリットについて出し惜しみせずに暴露していきます。

体力的に結構しんどい

リゾートバイトは体力的にしんどい場合があります。

お金を稼げる反面、1日の労働時間は8時間を超えますし、朝が早かったりもします。

自分は、中抜けで遊んだりもしていたので、体力的にはきついものがありました。

体力に自信がない人は心してかかることをおすすめします。

ホームシック気味になる場合がある

やはり、リゾートバイトは住み込みで働くため、派遣先の環境に馴染めなければホームシック気味になってしまうこともありました。

しかし、辛いのは最初の1週間がピークです。

2~3週間くらいいると、ホームシックはなくなり、仕事内容も覚えて楽しめるようになりました。

実家を出たことがない人にとっては、最初は戸惑どうかもしれません。

働くにはある程度のまとまった期間が必要

リゾートバイトで働くとなると、ある程度のまとまった期間が必要になります。

学生ならば、1週間以内の短期求人でも働けますが、やはり短期で働くよりは1ヶ月以上の長期で働く方が求人も多く出回っているので、働きやすいと言えるでしょう。

学生がリゾートバイトに行くとなると、授業のない夏休みや春休みなどの長期休暇に限られるのがネックと言えるでしょう。

リゾートバイトのデメリット
  • 体力的に結構しんどい
  • ホームシック気味になる場合がある
  • 働くにはある程度まとまった期間が必要

リゾートバイトの実態について

ここからは、僕が体験したリゾートバイトの実態について述べていきます。

具体的にいうと、仕事内容や給料、1日の流れなど、詳しく語ります。

仕事内容は色々あります!

冬のリゾートバイトでは、スキー場の横にあるホテルの調理補助に入りました。

調理補助では、料理の仕込み(野菜を切ったり)、盛り付け、簡単な調理(生春巻きなどを作成)しました。

僕は、料理経験はほとんどありませんでしたが、作業内容自体はとても簡単でしたし、誰でもできそうなことをやらされました。

夏のリゾートバイトでは、レストランのホールスタッフ(ウェイターさん)をしていました。

こちらも、お客さんを席に案内し、ドリンクを聞いて、順番に料理を出していくと行った感じで、特に難しいことはなかったです。

両方とも、最初はしっかり教えてくれたので、仕事内容について不安に感じることはないでしょう。

リゾートバイトには他にも様々な職種があるようです。

リゾートバイトの主な職種例

  • フロント
  • レストランホール
  • 仲居
  • 調理補助
  • 洗い場
  • 裏方
  • テーマパークスタッフ
  • スキー場リフト係など

接客が嫌なら、裏方業務や洗い場業務もあるので、人見知りでも全然問題ありません!

また、楽をしたいならスキー場のリフト係をやってみることがおすすめ!(とても楽だよと聞きました。)

一日の流れは?

僕の働いていたところでは、中抜けシフトと呼ばれる特殊なシフト体系の元働いていました。

中抜けシフトとは、

午前中に働いて、長めの休憩(3〜6時間程度)をはさみ、夕方から夜まで出勤するという流れになります。

ちなみに、1日のスケジュール例はざっくり以下のような感じです。

  • 7:00     出勤
  • 7:00~11:00  午前勤務
  • 11:00~16:00   中抜け休憩(滑りにいく)
  • 16:00~22:00  午後勤務
  • ~22:00    勤務終了

MEMO
ホテルや旅館で働くなら、中抜けシフトは割と一般的なシフト体系になります。ただし、通しシフト(中抜けがない、普通のシフト体系)のところもあります。

どんなところに住み込むの?

リゾートバイトでは、寮に入って住み込みで働きます。

寮にも様々なタイプがあって、部屋の種類が相部屋だったり個室の寮だったりします。

プライベートを重視したい人には、個室の寮で生活するのをおすすめします。

僕は、冬は相部屋で夏は個室のタイプの部屋でした。

MEMO
個室のタイプの寮の方が人気なので、個室の求人から順番になくなっていきます。どうしても個室寮が良い場合は、就業期間を伸ばすか、あらかじめ早めに求人を探してみることをおすすめします。

リゾートバイトはぼっちでも大丈夫?

とある派遣会社のデータによると、リゾートバイトに来る人の9割は1人だそうです。

なので、1人で来る人の方が多数派です。

ちなみに、僕はコミュ障ですが、1人で行って友達もできました。僕みたいに、1人で来ている人がたくさんいたので、自然と友達を作れました。

コミュ障だからといって、全然問題ありません!

リゾートバイトの給料について

まずはリゾートバイトの時給についてです。

田舎だと、時給は低くなるのではないか?と心配している人もいるかと思います。

ただし、リゾートバイトの時給の相場は1000円前後なので、そこまで低くはありません。

僕は2回とも時給が1000円でした。

ちなみに、給料は冬のスキー場だと、14日で10万円(うち休み2日)、夏の海沿いのホテルだと1ヶ月で28万円ほど稼ぐことができました。

この結果から、1ヶ月20万以上稼ぐことも可能みたいですね。

リゾートバイトはこんな人におすすめ!

上記を踏まえて、リゾートバイトがおすすめなのは以下のような人です。

リゾートバイトに向いてる人

  • 短期間で集中的に稼ぎたい
  • とにかく貯金をしたい人
  • 旅行好きな人
  • 新しいことが好きな人
  • 出会いに期待したい人

逆に、リゾートバイトに向かない人は以下のような人です。

リゾートバイトに向いてない人
  • 実家から出たことのない人
  • 人と関わるのが無理な人
  • 住み込みでの生活が考えられない人

リゾートバイトに行くには?

ここからはリゾートバイトに行く流れを説明していきます。

リゾートバイトへ行くための4ステップ
  1. まずは派遣会社に登録!
  2. 派遣会社からの電話に対応
  3. 求人に応募
  4. 仕事開始!(派遣先へGO!)

1.まずは派遣会社に登録!

リゾートバイトに行きたいと思っている人は、まず派遣会社に登録する必要があります。

派遣会社への登録は、各派遣会社の公式HPから応募することができます!

 

大学生におすすめな派遣会社は以下の二社です。

業界第1位と2位で、求人数も多いDive(はたらくどっとこむ)とヒューマニックに登録しておけば間違いないかと思います。僕は両方登録しました。

ちなみに、各派遣会社の詳細情報を知りたい人は以下のサイトを参考にどうぞ!

関連:リゾートバイトのおすすめ派遣会社は4つだけ!失敗しない選び方はこれ!

2.次に派遣会社からの電話に対応!

応募した派遣会社からあなたに電話がかかってきます。

その電話に対応し、面談の日程を決めます。

面談は、電話または、対面で対応できるみたいです。

個人的には、対面で実際に行って説明を受けてみることがおすすめです。

3.求人に応募!

自分の希望の条件について、派遣会社の方から聞かれるのでそれに答えていけば、条件にあった求人をもらえます。

もらった求人の中から、良さそうな求人があれば派遣会社の方に詳しい内容を聞くことができます。

納得した場合、その求人に応募することができます!

4.仕事開始!

後は、派遣会社の人の指示に従って、勤務先に出発します!

いよいよお仕事スタートです。

充実したリゾートバイトライフをお過ごしください!

まとめ

以上、大学生にリゾートバイトがおすすめ理由を紹介しました。

リゾートバイトは時には辛いこともあるでしょう。しかし、それ以上に魅力が詰まっているのです。

あれこれ考える前に、物は試しに軽い気持ちで行ってみることをおすすめします。

勤務終了後には、ある程度まとまったお金と、思い出を持ち帰ることができるでしょう。

 

おすすめ記事

大学生におすすめのバイト20選!あなたにぴったりのバイトはこれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です