【評判】試験監督のバイトは本当に楽なのか?実際に働いてみた体験談! | キャンパスライフ

【評判】試験監督のバイトは本当に楽なのか?実際に働いてみた体験談!

  • 試験監督のバイトが楽だと噂だけれども、本当なのだろうか?
  • 実際の仕事内容や待遇、体験談などが知りたいなあ

上記の質問に答えていきます。

当記事は、試験監督のバイトの実態についての記事になります。

実際に、試験監督のアルバイトを何回も経験してきたので、かなり参考になる情報を伝えることができるかと思います。

当記事の内容

  • 試験監督バイトの体験談
  • 試験監督バイトの仕事内容や待遇について
  • 試験監督バイトのメリット・デメリット

これを読めば、試験監督バイトに関する疑問が解決できるかと思います。

それでは、早速始めていきましょう!

【体験談】これが試験監督のバイトだ!

試験監督バイトのとある1日を取り上げると以下のような感じです。

  • 勤務時間:8時〜14時30まで(休憩45分)
  • 試験内容:高校受験の模試
  • 日給:6900円(時給:1200円)
  • 持ち物:スーツ着用、腕時計、印鑑

1日の流れ

1日の大まかな流れは以下のような感じである。

とある1日の流れ
  1. 現地にて集合(交通費なし)
  2. 説明を受けて、試験の準備
  3. 試験開始(解答用紙を配る)
  4. 不正等がないか監視する
  5. 終了時間が後何分か伝える
  6. 終了したら解答用紙を回収する
  7. 3~6を繰り返す(5教科分)

結論から言うと、試験監督は非常に楽な仕事内容である。

普通のバイトよりも、時給も高いし、バイト事態が午後の早い時間に終わるものも多いので、効率的に稼ぐことができるし、夜から予定があると人にとっても効率よく働くことができます。(ただし夜までやる試験もあります。)

正直言って、この内容でこれだけの時給をもらって良いのか、かなり疑問に思うところではありました。

仕事内容

試験監督バイトのメインの仕事内容は、監視業務です。

不正がないか見回ったり、問題に間違いがあった場合に対応したりします。

暇なのではないか?と思われるかもしれません。中には、暇すぎて辛いと言う意見もありましたが、私自身は人間観察などが好きなので、試験を受けている人を観察していたり、ぶらぶら歩き回っていたら割とすぐに時間が経ちました。

もちろん、試験監督のアルバイトでは、スマホをいじったり、眠ってしまったりするのはNGです。

監視業務の他には、細かく言うと以下のような仕事内容がありました。

  • 受験者の誘導・案内(試験会場まで)
  • 答案用紙の準備・配布・回収
  • 試験時間の残りを伝える
  • 回収した答案の枚数を確認
  • 試験開始と終了の合図
  • 会場設営など

現場によっては、上記のことがあったり、なかったりすることもありましたが、仕事内容としては誰でもできそうだし、非常に楽な印象でした。

場合によっては弁当と飲み物支給!

現場によって、支給されるところされないところがあるのですが、弁当と飲み物がでる現場もあります。

お昼代も浮くので、あえてそのような支給される現場を選ぶ人もいるようです。

一日中立ちっぱなしのところもある

試験監督員といえば、割と椅子に座って監視していたりするイメージがあるかと思います。

ただし、場所によっては椅子に座ることができない現場もあり、そのような現場に行くと、非常に足が疲れます。

 

どんな人が働いている?

基本的には、学生やフリーターなど若い人が多い印象です。

アルバイトの人がたくさんいるので、自然と仲良くなれるのではないでしょうか?

ただし、高校生は不可なので、注意しましょう。

 

不測の事態に対応?

試験監督のアルバイトでは、不測の事態への対応が求められたりします。

例えば、問題に誤字脱字があったり、問題の内容が間違っていたり、体調の優れない人が出てきたり、カンニングへの対応が求められたり。

確かに、ごく稀に不測の事態はおきます。

ただし、個人の印象としては、そのような不測の事態はまあ滅多に起きないということです。

なので、特に心配する必要もないでしょう。

試験監督バイトのメリット

試験監督バイトのメリットは以下です。

  • 時給が高い
  • 仕事内容が非常に楽
  • 単発で働ける

時給の相場は1000円〜1200円と他のアルバイトに比べると高時給であるにも関わらず、仕事内容が楽だという評判なので、人気のアルバイトになります。

また、場所によっては1日働けるところもあるので、日給で1万円近く稼げたりします。

単発で働くことができるといった面も大きいでしょう。試しに1度やってみて、続けるかどうかを決めることもできますね。

試験監督バイトのデメリット

試験監督バイトのデメリットは以下です。

  • 試験のある時しか入れない
  • 暇に耐えられない人は厳しい
  • 競争率が高い
  • 身だしなみが厳しい

やはり、人気のバイトであるので、競争率も高いですし、いつでも試験が行われているわけでもなく、試験のある時しか入れないのがデメリットです。

また、監視中は暇に感じてしまったりする人もいるようです。

基本的にスーツ着用になりますし、身だしなみが厳しい(黒髪単発で、目や耳に髪がかかってはいけない)点もデメリットの1つと言えるでしょう。

試験監督のアルバイトはこんな人におすすめ

試験監督のバイトがおすすめ人は以下のような人です。

こんな人におすすめ!

  • 楽なバイトをしたいと思っている人
  • 時間の融通がきくバイトを探している人
  • 効率よく稼ぎたい人
  • 肉体労働をしたくない人

試験監督は、楽に働きたい、時給の良いバイトで効率よく稼ぎたいと思っている人に人気のアルバイトです。

さらに、短いところであれば3~4時間で募集が出ているところもあるので、予定がある日の空き時間にちょっと働いたりすることができるでしょう。

ネットでの口コミ・評判は?

以下、ネットで見られた、試験監督バイトの口コミ・評判について載せておきます。

先輩の声

試験監督のバイト、バイトって言えるのか疑問になるレベルに楽だった

ネットでは試験監督のバイトが非常に楽だという意見が多く見受けられました。

 

やはり中には、椅子がないところもあるので、その点は大変です。

試験監督のバイトをやってみたいなら?

試験監督バイトをやってみたい人は、以下の簡単3ステップで始めることができます。

  1. まずは、求人サイトから申し込もう!
  2. 説明会、登録会に参加
  3. 仕事決定!

まずは、求人サイトから求人に応募しましょう。

 

おすすめのサイトマッハバイトです。

マッハバイトなら求人数も多いですし、マッハバイト経由でのアルバイトが決まればマッハボーナスが最大1万円すぐに振り込まれます。

>>>試験監督のバイトの求人はこちら

まとめ

まとめると、試験監督バイトは非常に楽です!

確かに、スーツ着用だったり、身だしなみが厳しいところもありますが、

時給も高いですし、単発でのバイトになるので、興味のある人はぜひ1度実際に働いてみることをおすすめします。

 

おすすめ記事

大学生におすすめのバイト20選!あなたにぴったりのバイトはこれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です