あなたがバイトに受からない理由とは?こうすればバイトに受かります! | キャンパスライフ

あなたがバイトに受からない理由とは?こうすればバイトに受かります!

アルバイトに受からない。

複数受けたけれども、どこがダメだったんだろう?

おそらく、上記のような悩みを抱えている大学生は多い。

実は、バイトに受からない理由はパターン化されており、ちょっと対策をすれば、あっさりとバイトに受かってしまうケースも少なくない。

実際に、当ブログを運営している大学生達も、バイトに受からずに悩んでいた人もいるが、ちょっとしたアクションを変えた結果、あっさりとアルバイトに受かった過去がある。

もし、アルバイトに受からないと悩んでいる大学生ならば、当記事を読んでみてどうしたらアルバイトに受かるのかを学んで欲しい。

そうすれば、必ずアルバイトに受かるようになるはずだ。

あなたがバイトに受からない理由とは?

そもそも、あなたがアルバイトに受からない理由は何なのだろうか?

冒頭でも述べた通り、アルバイトに受からない理由はパターン化されているので、その理由を知ることは大事だ。

以下で、具体的にアルバイトに落とされる理由を列挙していく。

マッチングの問題

一番多い原因として挙げられるのが、あなたと企業側の条件の不一致によるものだ。

例えば、企業側は平日昼間に働ける人材を探していたとする、しかし、あなたは主に休日の夜を中心に働こうと思っていたとする。

この場合、条件の不一致は誰の目から見ても明らかだ。

条件で言えば、働く時間帯、曜日、週何回入れるか、同じようなアルバイト経験はあるか、どれくらいの期間働けるかなど、様々な条件がある。

つまり、これらはマッチングの問題である。

だから、ある程度仕方がない。あなたは企業側に落とされたからといって、気にする必要は全くない。マッチする他の企業を探せば良いだけである。

競争率の高いバイトにばかり応募している

競争率の高いアルバイトに応募している人は、落ちて当然である。

MEMO

例えば、大学生に人気のアルバイト先である、スターバックスは競争率の高いアルバイトとして有名だ。1回の募集に何十人もの応募が殺到するのだとか。

このような場合、落ちて当然なので、受かったらラッキーくらいの軽い気持ちで受けてみることをおすすめする。

また、スタバに限らず人気なアルバイトは数多く存在する。コンビニや居酒屋などもそうだし、立地の良いお店なんかも人気が出る。

人気の求人に応募したくなる気持ちも分かるが、あえてそのような求人を避けてみたり、時期をずらして応募してみたりすると受かりやすくなるものだ。

“校長”

また、5月6月や9月10月あたりは、求人数が多くなる時期です。それによって、ライバルも減るので、受かりやすい狙い目の時期になりますよ!

面接で失敗してしまっている

アルバイトに受かるためには、面接で相手にダメな印象を残さないことも重要だ。

 

以下のような人は、面接で落とされる可能性が高い。

  • 時間にルーズで、面接に遅れてくる人
  • 元気がない人
  • 清潔感がない人
  • 目を見て話せない人
  • 言葉遣いが汚い人
  • 態度が悪い人(背もたれに寄りかかったり、足を組んだりなど)

上記のような点は、常に見られていると思った方が良い。

面接で落とされる人は、同じような理由が多いので、気をつけよう。

競争相手がフリーター

例えば、学生の人は昼間に学校があるので、働ける時間は限られてくる。

そんな中、応募してきた人の中には、時間に融通のきくフリーターが混ざっていたとする。

お店側からすると、間違いなく時間に融通のきくフリーターの方が採用したいと思うだろう。

こちらも、マッチングの問題になるので、深く考える必要はないだろう。

こうすればアルバイトに受かります

ここまで、アルバイトに落とされる原因について述べてきた。

ここからは、それを踏まえてどうやればアルバイトに受かるのか、について述べていく。

以下のことを実践していくだけで、合格率ぐんっと上がるので、ぜひ試してみてほしい。

履歴書に不備がないか?

当たり前だが、お店側はあなたの履歴書もしっかり目を通している。

なので、しっかりと履歴書のチェックも忘れずに心がけよう。

履歴書でチェックしておくべきこと!
  • 履歴書の髪がよれよれになっていないか
  • 誤字脱字がないか、綺麗な字でかけているか
  • 写真が適切がどうか(怖い表情になってないかなど)
  • 記入漏れがないか

履歴書も選考基準に入るため、しっかりと書いて行くことをおすすめする。

面接で元気に受け答えできているか

面接官の立場からすると、元気のない人を採用しようとは思わない。

元気のある人の方がより採用されやすい傾向にある。

面接の場ではいつもより元気に対応してみよう。受かってしまえばこちらのものだ。

最低限のマナーや身だしなみがきちんとなっているか

必要最低限のマナーや身だしなみも大事だ。

まずは、言葉遣いに気をつけよう。職種にもよるが、アルバイトでそこまで丁寧な言葉遣いは求められないかもしれない。それでも、最低限の言葉遣いは見られているので、気をつけよう。

また、清潔感のある身だしなみも非常に重要だ。

人はほとんどの情報を最初の見た目で判断されものだ。だからこそ見た目を整えておくことは非常に重要だ。

面接では、無地のシャツや綺麗目な服装を心がけよう。

出勤できる日時などが限られていないか

出勤できる日時が限られている場合、アルバイトに受かる難易度は高くなる。

MEMO
例えば、週5で入れる人と週2で入れる人であれば、前者の方が圧倒的に採用されやすい。また、土日しか入れない人と、どの曜日でも入れる人であれば後者の方が採用される。

出勤時間が限られている人は、普通のバイトに応募してもなかなか受からない可能性が高くなる。

そのため、シフトの融通がきくバイトを選んでやることがおすすめだ。

具体的にいうと、単発バイトやコンビニ、マックのバイトである。(ただし、コンビニバイトは立地によっては競争率高めな傾向。)

関連>>> 【評判】マックのバイトはきついのか?元社員がまるっと暴露!

また、都心部であればUber Eats(ウーバーイーツ)の仕事が、好きな時に働けるためおすすめである。

関連>>>【評判】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーてどう?仕事内容を徹底暴露!

一緒に働きたい人と思われているかどうか

アルバイトを採用する人(面接官)も人間である。そのため、「一緒に働きたい人」と思われているかどうかも非常に重要だ。

だからこそ、上述したような服装や見た目が重要になってくるし、面接での元気良さも重要になってくるのだ。

相手に「一緒に働きたい」と思わせるためには、親やすい雰囲気作りやちょっとした気遣いなども重要だ。

もちろん、アルバイトで落とされる理由は条件面のマッチングの問題も大きいが、多少条件が悪かったとしても、「一緒に働きたい」と思わせることができれば、採用されるかもしれない。

アルバイトしたい人は続けることが大事

アルバイトに受からないからと言って、悩んでいる人にアドバイスを送りたい。

それは、アルバイトに落ちてしまうのは、ごく当たり前の話だし、先輩もみんな通ってきた道である。中には運が良かったりして1発で受かってしまった人もいる。

一方、条件面等合わずに、何十回も応募してやっとアルバイトに受かった人もいる。

アルバイトをやりたい、もしくはやらなければいけないと思うなら、応募することをやめないことだ。

続けることを辞めなければ、確実に受かる。

3社くらい落ちて悩んでいるのは、当たり前なので、どんどん気になるバイト先に応募してみよう!

自分に合ったアルバイトを探そう

仮に、せっかくアルバイトに受かったとしても続かなければ意味がない。

だからこそ、自分にあったアルバイト先を見つけることをおすすめしたい。

以下で、条件別であなたにあったアルバイトを紹介している。ぜひ、参考にしてみてほしい。

関連>>>大学生におすすめのバイト20選!あなたにぴったりのバイトはこれ!

自分にあったアルバイトを見つけ、充実したキャンパスライフを送ろう!

まとめ

ここまで、以下のような話をしてきた。

  • 受からない人は、共通の理由がある(マッチングの問題など)
  • アルバイトで受かるための方法
  • アルバイトに受からないと悩んでいる人は、とにかくやり続けよう
  • 自分にあったアルバイトを探そう!

アルバイトに受からないと悩んでいるからといって、悩む必要は全くない。

つまるところ、アルバイトで受かるための対策をとりつつ、応募を辞めなければ必ず合格する。

あとは、マッチング(条件面)の問題なので、気にする必要はない。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です