バイトが辛い…そんな時に試したい対処法!もう悩まなくても大丈夫。 | キャンパスライフ

バイトが辛い…そんな時に試したい対処法!もう悩まなくても大丈夫。

名前

  • 今のバイト先が辛すぎる
  • 人間関係でうまくいってない
  • 自分は要領が悪く、仕事を覚えられない

辛い理由は人それぞれですが、アルバイトに関することで悩んでいる大学生はたくさんいます。

私生活を充実するためにアルバイトをやっているのにも関わらず、アルバイトの悩みがかえって私生活に悪影響を与えている。

そんな状況では、なぜアルバイトを続けているのか分からなくなりますし、ひたすら辛いですよね。

今回は、アルバイトが辛いと思っているあなたへ、辛いアルバイトを乗り切るための対処法を伝授します。

実際に、辛いバイトを乗り切った先輩の体験談を載せつつ説明していきます。

これを読めば、あなたのバイトに対する辛い気持ちが和らぎますし、今からどう対処していけば良いかが分かります。

バイトが思っていた以上に辛い

大学生と言えば、バイトにサークル活動、課外活動など、キラキラしたキャンパス生活に憧れていた人も多いでしょう。

でも、実際にキャンパスライフを送っていて、アルバイトの悩みに直面する大学生達が後を絶ちません。

  • アルバイトをはじめてから結構経つのに、なかなか仕事に慣れない
  • 容量が悪く、早く仕事をこなせない
  • 仕事のことでよく怒られる

といったように、仕事面で悩んでいる人もいれば、以下のように、人間関係での悩みを抱えている人も多いです。

アルバイトの人間関係の悩み
  • ソリの合わない人がいる
  • 職場の人から悪口を言われる
  • 職場の雰囲気が苦手で馴染めない
  • 周りの人と上手にコミュニケーションが取れないなど

アルバイトが辛いからといって、自分1人で抱え込むのはやめましょう。

以下で具体的な対処法を順番に述べていきます。

あなたにぴったりの対処法を見つけて、試してみてください。

アルバイトが辛いと思うなら…

結論から言うと、今のアルバイト先がどうしても辛く、我慢できないものならば辞めてしまっても構いません。

大学生のうちにやっておくべきことはたくさんありますし、アルバイトで消耗する必要は皆無です。適材適所で、人には合う合わないがあるのも事実です。

 

ここでは、焼肉屋のキッチンで働いていたT先輩の話が参考になります。

T先輩はアルバイト経験が全くなかったので、人生ではじめて焼肉屋のキッチンスタッフをやっていました。

しかし、T先輩はあまり要領が良くなく、仕事も全然できる方ではなかったので、みんなからも嫌われてしまい、逃げるように焼肉屋のアルバイトを辞めてしまいました。

ところが、T先輩は金銭的にアルバイトをしなければいけない理由があったため、今度は居酒屋でホールの仕事を始めました。

焼肉屋では全然仕事ができなかったT先輩でしたが、接客の仕事を始めたT先輩は、お客さんからの評判も良く、人間関係の悩みも解消されました。

このように、人には合う合わないが必ずあって、自分がいる土俵を変えるだけで、あっという間に輝く場合があります。

なので、今の仕事を辞めるという選択肢を1つ持っても良いかもしれませんね。

関連:大学生におすすめのバイト20選!あなたにぴったりのバイトはこれ!

自分の強みを知って、得意なことを活かそう!

あなたは自分の強みが分かっていますか?

先ほどのT先輩の話で言えば、T先輩はキッチンで黙々と作業をするよりも、接客でお客さんと触れ合う仕事をした方が、強みを活かすことができたのです。

強みが分からないという人は、リクナビが完全無料で提供しているサービスであるグッドポイント診断で、簡単に測ることができます。

ちなみに、Tさんはこのグッドポイント診断で、「親密性」や「社交性」という接客に必要な能力があると判断されていました。

完全無料とはいえ、そのクオリティーは高いです。興味のあるひとはぜひ試してみてくださいね。(リクナビに会員登録すると使えます。)

>>>リクナビに登録して無料で強みを診断する

あなたも自分の強みを生かして、自分の土俵でたたかいましょう!

現状から逃げたくない!そんな人におすすめの対処法

今のバイト先に不満もあるし辛いと思うけれども、得るものもあるし、簡単には逃げたくないと思っている人もいるかと思います。

そんな人には、辛いバイト先でも乗り越えるための対処法を述べていきます。

ぜひ試してみてくださいね。

まずは辛い原因をはっきりさせる

自分は何で悩んでいるのか?

辛いと思う理由をはっきりさせましょう。

例えば、自分は仕事ができないから悩んでいるのか、職場の人間関係で悩んでいるのか、より具体的にはっきりさせることが大事です。

原因さえ分かれば、対処法を思いつくこともあるでしょう。

例えば、人間関係がうまくいっておらず、誰かに嫌われていたり悪口を言われる場合、その原因は自分が仕事が出来ないからきているのか?それとも人として嫌われているからなのか、はっきりさせることが大事です。

1度バイトに集中してみる

これを読んでいるあなたにとって、バイトのことを考えるのは、とても辛いことでしょう。

逆転の発想で、一度バイトに集中してみて、自分を追い込んでやることも時には有効かもしれません。

バイトに集中することで、普段より集中して仕事に取り組めたり、人間関係なども気を遣って、より良い仕事が出来たり、仕事に慣れたり、人間関係でも良好な関係を築いていけるかもしれません。

バイトをして得るものを考える

あなたがこのバイトを選んで、辞めないでいるのは、何か得るものがあると思っているからではないですか?

このバイトを続けることで得られるものを考えましょう。

就活に有利になったり、普通のバイトよりお金が稼げたり、厳しい環境を体験できたり、何かメリットがあるはずです。

今辛いと思っている人は、そのメリットにも目を向けてみましょう。

誰かに話してみる

悩みを1人で抱え込んでしまう人がいますが、得策ではありません。

友達や家族など、信頼できる誰かに話すことで、心が軽くなる場合もありますし、自分では見つけることができなかった解決策をもらえることもあるでしょう。

誰かにさらけ出すことを恥ずかしがって、自分1人で抱え込んでしまい、どんどん気持ちが落ち込んでしまうくらいなら、思い切って相談してみましょう。

肩の力を抜く(頑張りすぎない)

バイト先で、緊張してしまったり、真面目に頑張りすぎてしまってはいませんか?

スポーツをしていても、緊張してしまうと、良いパフォーマンスを発揮できなかったりしてしまうものです。

時には、肩の力を抜いて、開き直ってやるくらいの方がちょうど良い場合もあります。

真面目なのは良いことですが、心に余裕を作ってやることも大事です。

一度バイトのことを忘れてリフレッシュしよう!

アルバイトを頑張ることは良いことですが、頑張りすぎず、時にはリフレッシュすることも忘れないであげてください。

リフレッシュをすることによって、溜まっていた不満やストレスが解放されて、「辛い」という気持も和らぐ場合があります。

以下で、おすすめなリフレッシュ方法を紹介していきます。

とにかくひたすら寝てみる

疲れが溜まり、心身共々疲弊している状態が続いてはいませんか?

そんな時は、ひたすら寝てみましょう。

なかなか寝れないという人は、自分の好きなドリンクでも飲みながら、好きな映画や音楽に触れてリラックスしてから眠りましょう。

散歩してみる

軽い運動は、体に良いと言われますよね。

嫌なことが会った時に、軽く散歩して体を動かすことによって、嫌な気持ちが軽減できたりするものです。

精神が不安定な時は、散歩に出かけましょう!

近くに自然が溢れる場所があるならば、そういったところに出かけるのも効果的です。

温泉へ行く

温泉には様々なリラックス効果が期待できますし、ゆっくりできますよね。

サウナが好きな人は、サウナに入って汗をかくことも非常に効果的です。

嫌なことを忘れて、安らぎの空間へ出かけましょう。

自分の好きな趣味に没頭する

自分の好きな趣味に没頭している時間は、嫌なことを忘れて楽しむことができますよね。

もし、自分に趣味があるのならば、嫌なことを忘れて趣味に没頭してみましょう。

きっと、あなたにとって最高の気分転換になるでしょう。

好きな人と時間を過ごす

あなたの好きな人と大事な時間を過ごすこともおすすめです。

恋人や家族、友達など、自分が大切に思っている人と時間を過ごしましょう。

場合によっては、話を聞いてもらったりしても良いですし、大切な人と楽しい時間を過ごしていれば、リフレッシュできますね。

まとめ

「バイトが辛い」という感情は、大勢の大学生が持っています。決してあなただけではありません。

過去の先輩方も同じような悩みを抱えていましたが、時間が解決してくれたり、仕事や環境に慣れるとこと、思い切って新しいアルバイトに変えてみることなど、人それぞれ様々な解決方法があるかと思います。

一番重要なことは、あなたの心身の健康です。

アルバイトによって、心身に健康が及んでしまうのはよろしくないので、気を張り詰めすぎないで、時には逃げても良いということも学びましょう。

また、アルバイトから一旦離れてみて、リフレッシュした後に今の職場でもうまくやっていけることもあります。

そんな時は、自身の成長を感じる良いきっかけにもなるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です