バイトでミスが多い…首寸前だった僕がミスを劇的に減らした方法! | キャンパスライフ

バイトでミスが多い…首寸前だった僕がミスを劇的に減らした方法!

  • バイトでうっかりとしたミスが多い。
  • ミスを引きずってしまい、さらにミスをしてしまう。
  • どうすればミスを減らせるのか教えて欲しい。

自分なりに一生懸命バイトしていても、集中力が続かなかったりしてうっかりミスをしてしまうものですよね。

1度のミスならまだしも、ミスを引きずって何回もミスをしてしまい、バイト先の人間関係までに悪影響が出るのは本当に辛いものです。

たとえバイト先を変えたとしても、同じように不注意なミスを繰り返してしまうのではないかと不安になります。

 

当記事では、うっかりミスの多い人でも極端にミスを減らす方法について解説しています。ミスを減らして、働きやすいバイト環境を手に入れましょう!

僕自身、コンビ二でバイトをしていた時は、あまりにミスが多く、店長には呆れられ、首寸前までになりました。しかし、そこからミスを劇的に減らした方法になります。

首寸前だった僕がミスを劇的に減らした!

バイトでミスが多かった時は、本当に居心地が悪かったです。

集中しているつもりでも、ミスを繰り返してしまい、店長には何度も怒られ、同僚には呆れられました。

 

しかし、そこからミスを減らすことで、人間関係の良好な働きやすい職場に変わりました。

最初はみんなの足手まといだったけど、頑張りって認められるのです。

 

今のバイト先でミスが多く、肩身の狭い思いを抱いているあなたは、ぜひ以下の方法を参考に、理想の職場を手に入れましょう!

ダメダメだった僕でもできたのだから、あなたにも出来ます!

なぜバイトでミスが多いのか?

あなたがミスをする原因は何なのでしょうか?

ミスが起きやすい人の特徴は以下です。

ミスが多い人は、自分に余裕がない

自分の業務にいっぱいいっぱいになってしまい、心の余裕がないことからミスを連発してしまうことってありませんか?

とはいえ、「心に余裕を持て!」と言われてもそう簡単に余裕を持つことは難しいですよね。

 

心に余裕がないのは、仕事内容に対して慣れていないかったり、仕事内容を正確に覚えていないことに起因します。つまり慣れの要素が大きいのです。

また、慌てている時ほど深呼吸したりして、心を落ち着かせましょう。

正しい手順が身についてないからミスをする

最初のうちは、なかなか正しい手順を覚えるだけでも一苦労ですよね。

1度誤った癖を体に染み込ませてしまうと、これを改善するのは中々苦労します。

何度も何度も正確な手順を踏んで、体に染み込ませることによって、改善していきます。

1度目のミスで学習しない

人間は誰だって1度はミスをするものです。

しかし、同じミスを繰り返してしまうのは、同僚や仕事を教えてもらった人に対しても失礼に当たります。

1度のミスをしてしまった時点で、深く心に刻み込んで、対策を取るべきです。(具体的には後述)

私が劇的にミスを減らした方法はこれ!

今から紹介する方法は、ごく当たり前の方法に感じるものもあるかと思います。

しかし、当たり前の方法でも出来ていない人が多いですし(過去の自分もそう)、実行すれば劇的にミスを減らせます。

ぜひ以下の内容は読み飛ばすことなく、しっかりと読んで実行してみましょう。

イメージトレーニング・デモンストレーションを繰り返す

ミスをしてしまう恐れのあるもの、もしくはミスを犯してしまったものに関しては、イメージトレーニングやデモンストレーションを繰り返すことで、劇的にミスを減らせます。

 

スポーツ選手などが、試合の前にイメージトレーニングを繰り返し、本番に臨むことが多いですが、私自身、この方法はかなり効果が合ったと実感しています。

 

何度も何度も頭の中でイメージを繰り返すことで、実際の業務でも驚くほど違ってきます。

MEMO
「そんなこと言われたって、正しいイメージが湧かないよ」という人は、仕事のできる先輩や同僚がどうしていたかを思い出し、イメージしてみましょう。

分からないところがあったらすぐ聞く

人間は忘れる生き物です。

何か疑問なことが生まれたとしても、時間がたてばすぐに忘れてしまうことがよくあります。

疑問点が出てきた場合は、すぐに質問するようにしましょう。

場合によっては、忘れないようにメモをとっておけば、あなたのミスは減ってきます。

ミスをするのは当たり前。同じミスを繰り返さない仕組みを作る

ミスを繰り返していくうちに、ミスをすることに恐怖を覚えてしまうものですよね。

しかし、上述したように人間はミスをする生き物です。ミス0なんてあり得ません。

大事なのは、1度ミスをしてしまった時点で、同じミスをしないように仕組みを作ったり、対策してやることです。

MEMO

例えば、コンビニバイトをしていた時は、よく釣銭を間違えて渡し、何度も店長に怒られていました。同じ失敗をしていく中で、釣銭を渡す時は特に集中したり、ダブルチェックをするよう心がけた結果、ミスが極端に減っていきました。

過去の自分のように、1度目のミスをした時点で、すぐに対策をとって実行することで、ミスは極端に減らせます。

自分のことを信用しない。マニュアルや教えを忠実に守る

ミスをする前は、自己流のやり方を挟んでいたこともありました。ミスの多い自分を過信していました。

あまり自分のことを信用するのはやめ、マニュアルだったり、店長や先輩のやり方を忠実に再現するようになったところ、ミスは減りました。

ポイントは、体に染み込むくらい徹底的に再現することです。

なぜこれをやるのか?業務の根拠を考える。

普段、何も考えることなくバイトしてはいませんか?

そんな人には、

  • 「なぜこのやり方でやるのか?」
  • 「このやり方でやる根拠はあるのか?」

を考えてみることをおすすめします。

1つ1つの業務に、根拠があるので、その根拠を考えることで仕事を深く覚えることができますし、能動的になれます。

根拠が分からない人は、先輩に質問してみましょう。

疲労やストレスは大敵。時には休息も大事です。

疲労やストレスが増えると、比例してミスも増えていきます。

時には思い切って、がっつり休息を取ることも重要です。

特に、ミスが続いた時は精神的にも参ってしまいますからね。

“おさる校長”

疲れている日は、早く家に帰り、美味しくて栄養のある食べ物を食べ、暖かいお風呂にでも浸かってぐっすり眠りましょう。かなりリフレッシュできますよ!

どうしてもミスが減らないなら、自分にあったバイトを見つけよう

失敗に対して、ありとあらゆる策を試してみたものの、ミスが減らない人は、今のバイト先があなたにとって、合っていない可能性も考えられます。

友人の例で、接客の仕事をしていたのに、調理の仕事に変えてみた結果、ミスも減り伸び伸びと働けるようになった人もいます。

人には、自分の適性があります。

自分にあったバイト先を探してみても良いんじゃないでしょうか?

良好な人間関係も非常に重要な要素

ミスの多い人は、特にバイト先で良好な人間関係を築いていくこともポイントです。

良好な人間関係を築けていれば、ちょっとしたミスも大目にみてもらえますし、質問や疑問点を聞きやすくもなれます。

すでに、今のバイト先で良好な人間関係を築けていない人は、関係の修復も心がけてみると良いです。

世の中には、自分と全く合わない人や嫌な人だっています。しかし、一生懸命な姿を示し、頑張りを認めてもらえれば、関係の修復は可能です。(僕自身、コンビニバイトの時もそうでした。)

ミスが多いのはしょうがない。だって人間だもん。

くどいようですが、ミスをするのは当たり前です。人間はミスをする生き物なので、むしろ正常と言えます。

だから、必要以上にミスをおそれる必要はありません。

大事なのは、ミスを放置せず然るべき対策を取ることです。

上記の対策を参考に、ぜひミスとうまく付き合えるようになっていきましょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です