一人暮らしが寂しい大学生必見!寂しさに打ち勝つ9つの方法! | キャンパスライフ

一人暮らしが寂しい大学生必見!寂しさに打ち勝つ9つの方法!

大学生で一人暮らしを始めた人にとっては、ふと夜に孤独と寂しさが同時に押し寄せてくることがありますよね。

このように、家族の元を離れて一人暮らしを始めると、寂しいものです。

実際に、多くの学生が一人暮らしを寂しいと感じています。

しかし、寂しさに対して適切な処理をしてやることで、寂しさに打ちひしがれることは無くなります。

 

今回の内容は、寂しさに打ち勝つための具体的な9つの対処法についてです。

この記事を読み終える頃には、どうしたら寂しさを紛らわすことができるのかが分かります。

また、その通り行動すれば一人暮らしで寂しいという感情は解決できるかと思います。

それでは、早速みていきましょう。

寂しさは時間が解決してくれる

一人暮らしで寂しを感じている時って本当に辛いですよね。

私自身、上京して一人暮らしを始めた時は、慣れない生活と孤独を感じ、本当に辛かった時期がありました。

しかし、大抵の場合、寂しさは時間が解決してくれます。

時間が経つにつれ、一人暮らしの生活に慣れていき、寂しさはやわらいでいきます。

一人暮らしを始めた当初は、慣れない一人暮らしの中で寂しくてしょうがなかった。でも、一年後には一人暮らしが快適でしょうがないと思うようになりました!(笑)

とはいえ、何も行動せずにいると、寂しさに負けてしまう人もいるかと思います。

以下で、一人暮らしで寂しさを感じている人へ、具体的な9つの対処方法について説明してきます。

1.友達を作る

大学生で孤独に感じる原因のNO1は「友達がいない・少ない」ということ。

つまり、仲の良い友達を作ってやることで、この悩みは解決に向かうことも多いです。

大学で友達を作るのは勇気がいることかもしれません。でも、そんなに難しいことではないと思います。

それでも、大学で友達を作るのが無理だと思うのならば学外でも良いでしょう。

サークル活動や学外で行われいてるイベント(趣味など)に積極的に出かけ、誰かに話しかけてみましょう。

最初は失敗してしまうかもしれませんが、プライドはいりません。失敗しても気にせず話しかけましょう!

2.アルバイトを始める

学校が終わって、周りの人は遊びに行ったりする中、自分一人だけ家にまっすぐ帰り、一人寂しさを感じてはいませんか?

授業が終わった後に、予定があれば寂しは和らぐはずです。

そこで、上記のような人にはアルバイトを始めてみることをおすすめします。

アルバイトを始めて、夕方から働けば、家に帰る頃には疲れてすぐ寝てしまうでしょう。

寂しさを感じる時はなくなるでしょうし、お金も稼げますし、もしかするとバイト先で友達ができるかもしれません。

いずれにせよ、試してみる価値はあるかと思います。

3.恋人を作ってみる

恋人ができれば、寂しいという感情は無くなります。

それどころか、毎日が充実してきて好きな人と時間を過ごすことができるようになります。

 

積極的に行動し、恋人を作ってみてはいかがですか?

恋人の作り方が分からない人は以下の記事を参考にしましょう。

4.英語や資格の勉強に没頭する

一人暮らしで寂しさを感じるのであれば、何か将来のプラスになることに打ち込むべきです。

英語や資格の勉強など、何かに目標を立てて没頭してみることをおすすめします。

例えば、TOEICの勉強は点数を目標にしても良いし、資格の勉強は資格習得を目標にする良いです。そのうちリアルRPGのゲームのように楽しめるようになってきます。

大学のうちに資格をとったり、しっかりと勉強しておくと、将来より楽に生きることができるようになります。

寂しさを忘れるくらい打ち込みましょう。

5.友達や親に電話する

どうしても寂しい場合、友達や親などに電話しましょう。

今抱えている寂しさも、誰かと話すことによって解消されたりするものです。

一人で抱え込んでいると、どんどん気持ちが落ち込んでしまうものです。そんな時は、信頼できる誰かに思いの丈を聞いてもらってはいかがですか?

自分の中に抱え込むよりは、効果的であると言えます。

6.一人で思いっきり遊んでみる

寂しいと思った時は、息抜きも必要です。

「一人カラオケ」、「ゲーム」、「ひとり旅」、「映画・ドラマ鑑賞」などなど

世の中には一人でも楽しめる遊びが山ほど転がっています。

一人でも楽しめるようになれば、寂しさを感じることも少なくなることかと思います。

7.趣味に没頭する

あなたは自分の趣味を持っていますか?

何かに没頭している時、きっと寂しいという感情を忘れているはずです。

没頭できる趣味があることは非常に大事です。

もし、没頭できる趣味があるならば、何も考えずにその趣味に没頭してみてください。

8.体を鍛える

体を鍛えることもかなりおすすめです。

体を鍛えると、メンタルが安定してきます。

体を鍛えるためには、高額なジムなどに通わなければいけないのではないか?と思われる人もいるかと思います。

しかし、その必要はないです。

MEMO
例えば、自治体が運営するジムに行けば1回数百円くらいの格安の値段で利用することができますし、器具などを使わないトレーニング方法もたくさんあります。(気になる人はYoutubeで検索してみましょう。)

体を鍛えていると、自分に自信がついてきますし、見た目も良くなる場合があります。その結果、友達や恋人ができたりといった副次的な効果も期待できます。

9.実家に帰る

どうしても一人暮らしが寂しい、辛いと思うなら実家に帰ることをおすすめします。

今すぐに帰れないという人でも、夏休みや冬休みの長期休暇に帰るということを考えながら、毎日の生活を乗り切りましょう。

 

寂しさを感じた時に試したい、具体的な9つの対処法でした。

一人暮らしが寂しい人は、新しい友達や恋人を作ったりするのも有効ですし、資格やスキルなどの勉強や体を鍛えることなど、

何か没頭できるものを見つけてやれば解消していくかと思います。1日に1日を全力で生きていれば、辛いという感情は無くなりますよ!

あまり思いつめず、どうしても無理だと思ったら、実家に帰りましょう。

ぼっちでいることは悪いことではない!

心の孤独を感じて一人暮らしが寂しいと感じている人もいるかと思います。

中には、遊び相手や話し相手がいなくて困っている人もいるでしょう。

しかし、ぼっちでいることは必ずしも悪いことではありません。

むしろ、考え方だったり、時間の使い方を変えていけば、ぼっちでいることが大きなメリットになる場合も多いのです。

今、あなたがぼっちだからといって気にする必要は全くありません。

以下の記事を参考に、ぼっちでいることを最大限有効にしていきましょう。

関連:大学生のぼっちあるある8選!戦略的ぼっちのススメ!

まとめ

ここまでの内容をまとめます。

まず、一人暮らしで感じる寂しさは、大抵の場合、時間が解決してくれます。

つまり、時間が経つにつれて、「寂しい」という感情も薄れていくものです。

それを踏まえて、今すぐにでも試したい具体的な9つの方法についても述べてきました。

もし、「自分にもできそうだ」とか「やってみたい」と思うものがあったら、行動にうつしてやってみることをおすすめします。

そして、ぼっちでいる人は、そのままぼっちの道を極めましょう。

ぼっちにはたくさんのメリットがあります。

以上です。

 

寂しさから解放されて、輝かしいキャンパスライフをお過ごしください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です