人見知り大学生が実際に人見知りを克服した方法!【合理的に改善しよう】 | キャンパスライフ

人見知り大学生が実際に人見知りを克服した方法!【合理的に改善しよう】

大学生

人見知りを直したい!

人見知りのせいで人生損している。バイト、サークルなどに支障が出ている…

こういった悩みを持つ大学生へ、実は人見知りは努力次第で直せます。

実際に私は、超人見知りの陰キャ大学生だったが、正しい考え方と経験を積み重ねることで人見知りを克服することができました。

まだ初対面の人と会うと緊張はするけれども、コミュニケーション能力は多いに改善したのです。

当記事は以下の内容となります。

  • 人見知りの原因
  • 人見知りを直す(克服する)ために

人見知りの原因を知り、それに対して適切なアプローチをとることで、人見知りは改善できます。

当記事を読み終える頃には、人見知りを直すための具体的な考え方と方法を知ることができ、ゆくゆくは新しい自分に出会えます。

人見知りになってしまう原因とは?

あなたはなぜ人見知りなのでしょうか?

大半の場合、人見知りの原因は「自分が傷つきたくないから」です。

つまり、人に恥ずかしいところを見られてたくなかったり、嫌われるのがこわかったりするのが原因なのです。

そういった感情が原因となって、なかなか積極的になれなかったり、引っ込み思案になってしまうのです。

相手に弱みを見せれるかどうか、という点が非常に大事です。

相手に弱みを見せられる人は、自分のかっこ悪い姿を見せることができる人なので、人見知りにはなりにくい性質があります。

さて、人見知りになる理屈は分かりましたね。

これらは全てプライドの問題だったりします。

つまり、自分のプライドが邪魔して弱みを見せることができなかったり、傷つきたくないという思いから積極的になれないのです。この事は、メンタリストのDaigoさんもおっしゃっていました。

とはいえ、過去の自分もそうでしたが、やっぱり嫌われたくないですし、長年染み付いてきた考え方も邪魔して、簡単には人見知りは改善しないものですよね。

以下で具体的に人見知りを直す行動について語っていきます。

私はこうやって人見知りを改善しました。

人見知りは心の問題と言えますが、改善するには行動して経験を積んでいくしかありません。

例えば、僕は人前で話をするのが大の苦手で、話す時に身体中が震えて笑われた経験を持っています。そんな私でも、場数を踏むことによって、人前でも緊張せずに話せるようになった過去があります。

このように、大抵の問題は場数を踏むこと、つまり経験することで改善していくことができます。ここからは、人見知り改善のために実際にどう行動して経験を積んでいけば良いのかをお話しします。

実際に極度の人見知りの僕が、改善させた方法でもあるので、効果てきめんですよ!

旅に出かける

私は、様々なところに旅に出る過程で人見知りが大きく改善していきました。

旅は初対面の人とコミュニケーションを取っていく必要があります。

なので、自然と場数を踏めますし、自分の知らない環境で生活することは経験値を高めてくれます。また、自分の事を知っている人が一人もいないという点が大きいです。人は、誰かが作った自分のイメージの中で生きているので。。。

 

海外などに行った時は、現地の生活文化を知らなかったり、語学不足の面でたくさん恥をかきました。

しかし、恥をかくという経験も人見知り克服には大事です。(傷つくと思っていたことが大したことではないと気づくから。)

もちろん、旅の最重要ポイントは友達に頼らずに積極的に話かけてみたりすることです。旅に行ったとしても、全て友達任せじゃ何も変わりません。

自分のことを一人も知らないパーティーに出かける

いつも同じ友達とつるむことは、居心地は良いでしょうが、人見知りを加速させます。

そんな人におすすめしたいのは、知り合いが一人もいないパーティーや飲み会などのイベントに一人で参加してみることです。

日常で同じ人とつるんでばかりいては刺激もないですし、勇気は入りますが確実にプラスになりました。

最初は知らない人だらけだったため、ガチガチで全く喋れませんでしたが、何回か足を運べば克服できます。

緊張していることは悟られたくないかもしれませんが、私は敢えて緊張していることを伝えたり、弱みを見せることで初対面の人と仲良くなることにも成功し、自信を深めることができました。

例えば、ネットで検索をかければ様々なパーティーやサークルが開かれています。興味のある人は行ってみると良いかもしれないですね。

“おさる校長”

難易度は高いかもしれないけど、トライしてみることが大事だよ!積極的に恥をかいて心のブレーキを外してみよう!

自分の居場所を複数作ってみる

同じ人だけでなく、同じコミュニティーだけで活動していませんか?

例えば、毎日同じ授業だけを受けて、同じ友達と仲良くして、同じような日常を過ごしていませんか?

そんな人には、自分の居場所を複数作ってみることをおすすめします。

例えば、新しいサークルに見学に行ってみても良いでしょうし、新しいアルバイトを始めてみてもよいでしょう。

そうやって新しいコミュニティーに参加して、いろんな人と話したり、飲み会などの場に慣れていく事で人見知りは改善されていきます。

恋人を作る

恋人がいない人が恋人を作ると、人生の充実度が変わってきますし、自分にもより自信がついていくかと思います。

以前、私の友達で根暗な男が彼女を作り、明るくなったということもありました。

時として、恋は人の性格に大いに影響を及ぼすものです。

恋人がいないという人は恋をしてみても良いかもしれないですね!

関連>>>大学生で恋愛できない人が増えている?大学生はどうしたら恋ができるの?

接客のアルバイトは効果が高い

私自身、接客のアルバイトをした事で人見知りが大きく改善されたと思っています。

人見知りを直すために、居酒屋のホールや旅館で仲居さん(難易度高)として住み込みで働いた事があります。

正直、自分は接客には向いておらず、笑顔もろくに出来ないし性格も落ち着いている方なので元気もさほどありません。

最初の方は怒られまくったり、恥をかいて嫌な体験もしましたが、結果として人見知りを改善できました。恥をかいた当初は辛かったですが、少し時間が経つとすぐに忘れることができます。今では良い思い出です。

ちなみに、人見知り改善にはリゾートバイトへ行って接客の仕事をするのが効果的でした!(レストランホール 、フロント、仲居さんなど)

関連>>>【体験談】大学生にリゾートバイトが超絶おすすめ!冬休みと夏休みに行ってきた!

初対面の人との会話に慣れる

初対面の人と会話するのって緊張しますよね。

初めのうちは全然自分から話しかけられないものです。しかし、やはり待っているだけでは人見知りは改善できません。

初対面の人に出会ったら、積極的に自分から会話をしてみるべきです。慣れないうちは、うまく会話が弾まず気まずい思いをすることもあるでしょう。しかし、必ず慣れます。

そのうちスラスラ聞きたいことや伝えたいことが出てくるようになります。そして、会話を楽しめるようになります。

会話が苦手な人は、無理に面白いことを言おうとせずに、聞き役に徹してみることもおすすめです。とにかく初対面の人との会話に慣れることがポイントです。

大抵の場合、人見知りは上記のような経験を積むことで改善できる。

大半の人が人見知りを改善できないのは、いつも自分の居心地が良い場所(コンフォートゾーン)から抜け出すことができないからだ。

どんどん新しい経験を積もう!

最後に

いかがだったでしょうか?

いやいや、人見知りの自分にとっては難易度が高いよ…と思っていますか?

確かに、まだ傷つきなくないというプライドが邪魔してしまうのはとてもよく分かります。

自分でも試せそうなことがあれば、すぐに行動してみましょう。

人生はちょっとした行動の積み重ねで大きく運命が変わったりもします。

だからこそ、積極的にどんどん行動していきたいものですね。

今泣いて将来笑うか、今楽をして将来苦労するのか

私は前者を選びました。

 

こちらの記事もおすすめです!

オススメ>>>大学生におすすめのバイト20選!あなたにぴったりのバイトはこれ!

オススメ>>>友達がいないと悩んでいる大学生へ。人見知りでも友達を作る方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です