友達がいないと悩んでいる大学生へ。人見知りでも友達を作る方法! | キャンパスライフ

友達がいないと悩んでいる大学生へ。人見知りでも友達を作る方法!

  • いつの間にかぼっちになってしまっていた
  • 周りの人のSNS投稿を見て落ち込んでしまう
  • なぜか友達ができない。

上記のような悩みを抱えていませんか?

実は、友達がいないと悩んでいる人でも、以下の内容をしっかりと理解して実行するだけで簡単に友達ができたりします。

なぜなら、友達が一人もいなかった大学生が実際に友達をぐんっと増やした方法を以下で説明していくからです。

友達がいないと悩んでいる大学生へ。

当記事を読んで悩みを解決し、友達を増やしていきましょう!

ぼっちで悩んでいるのはあなただけではない!

はじめに、友達がいないと悩んでいるのはあなただけではないということを伝えたいと思います。

例えば、進学や進級、環境の変化によってぼっちになってしまったという人が大勢います。

また、友達がいたとしても、本当に仲の良い濃い繋がりがないと悩んでいたり、数人とばかり遊んでいるといった悩みも多いです。

友達作りで悩んでいるのはあなただけではありませんし、全国には友達がいないと悩んでいる人の数も多いのです。

なぜあなたに友達がいないのか?

それでは、なぜあなたに友達がいないのでしょうか?

原因は以下のようなものが多いです。

内向的な性格のため

高校生までなら、なんとなく自然と友達ができた人も多いでしょう。

でも、大学は外交的な性格に人の方が友達がたくさんできるような傾向にあります。

全国様々なところから様々な人が集まっているので、自分から積極的に動いていない人は友達ができにくいです。

プライドが高いため

無駄に高いプライドを持っているがために、友達ができない人がいます。

プライドはおもりのように重いのにも関わらず、あってもプラスになることはほとんどありません。

プライドが高く、自分が傷つくのがこわいがために、積極的に行動できない人は大きな損をしています。

プライドと言う名の重りは捨ててしまえば楽になれます。

人に心を開けない

友達というのは、なんでも気を許せる相手です。

人に心を開けない人が、気を許せる相手を見つけれるはずがありません。

あなただったら、相手が本音を話していないと思う人と友達になろうと思いますか?

人に心を開けない原因は、過去のトラウマや経験に由来しているものが多いですが、過去に囚われていたままじゃいつまでたっても友達はできません。

ネガティブな人

ネガティブであることは必ずしも悪いことではありません。

ただし、ネガティブでかつ、そのネガティブさが雰囲気ににじみ出てしまっている人が中にはいます。

友達にするなら、一緒にいて暗い気持ちになる人よりも、明るくポジティブな気持ちになれる人の方が良いですよね。

性格がネガティブな人でも、そのネガティブさをネタにしてしまうくらいの気持ちでいると友達ができやすくなるでしょう。

友達を作る方法

以下では、具体的に友達を作る方法について語っていきます。

大事なことは、共感できると思ったものは実行してみることです。以下で、共感できると思ったものはぜひ実行してみてくださいね。

学内で作るのが一番無難

おそらく、大学生で最も友達が作りやすい場といえば、ダントツで学内が多いでしょう。

学内では、サークルや部活、授業、ゼミなど、友達を作るための絶好の機会があります。

先輩の声

「おはよう」という基本的な挨拶から、「前回休んでしまったからノート見せてもらえませんか?」といった積極的な声かけを行ってみることがおすすめ!みんな友達を作りたいと思っている人が多いから、意外と声をかければいけますよ!

一方、大学で友達を作ろうと思うと、一番友達ができやすい時期が、入学した後のオリエンテーションであり、時間が過ぎるにつれて友達は出来にくくなってしまいます。

安心してください。

以下で学外での出会いについても、しっかり触れていきます。

アルバイトもおすすめ!

学外での友達を作るなら、真っ先に考えられるのがアルバイトでの出会いです。

アルバイトでは、お金をもらっている以上、みんなが同じ方向に向かって行動していきます。

同じ方向に向かって頑張るうちに、帰属意識や仲間意識が出来やすいので、内向的な人でも友達を作りやすいと言えるでしょう。

おすすめなアルバイトを探すなら、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

関連>>>大学生におすすめのバイト20選!あなたにぴったりのバイトはこれ!

ネットでの出会い

近年出会いの場として、その割合を増やしているのはネットでの出会いです。

TwitterやインスタグラムなどのSNS、オンラインゲームなど共通の趣味を生かしたもの、異性だったらマッチングアプリでの出会いもおすすめです。

ネットでの出会いは匿名性が高いため、不安な面もありますが、賢く使って出会いを増やしてみるのがおすすめです。

新しいコミュニティーに参加してみる

新しいコミュニティーに参加して出会いを増やしてみるのもおすすめです。

英会話スクールや趣味のコミュニティーなど、今まで参加したことのない組織に参加してみましょう!

また、ボランティアなどに参加してみても知り合いを増やせるので非常におすすめです。

友達を作りたいなら?

友達を作るための出会いの場は分かったとしても、簡単には友達は出来ません。

しかし、これから紹介することを心がければ、友達ができる確率はぐんっと上がります。

友達作りのコツを紹介していくので、取り入れてみましょう!

共通性はすごく強い

友達を作りたいなら、「共通性」がポイントです。

例えば、あなたは出身地から遠い大学に通っており、新しく出会った人と出身地が近かったとしたら、急に親近感が湧きませんか?

新しい出会いがあった時に、自分と相手との共通項を見つけて、そこから会話を広げていくとかなり仲が深まりやすいものです。

なので、友達が欲しいと思ったら、まずは相手との共通項を見つけましょう。

会話する時は、相手の話を聞こう!

友達が欲しいがために、自分のことばかり話して気を引こうとする人がいます。

相手の性格にもよりますが、誰だって話を聞いてもらいたいという心理が働きます。

自分のことを話すのは大事ですが、

会話のポイントは、自分が話す割合:話を聞く割合3:7、もしくは4:6くらいにするのがおすすめです。

相手は、あなたに話しやすさを感じるので、最初の第一歩としては聞き役に回りましょう。(話したい人は仲良くなってから!)

積極性をもつ

友達作りにおいて、積極性をもつことは非常に大事です。

自分から話しかけたり、積極的に相手を誘うことによって、「(相手は)自分に対して関心を持ってくれているんだ」とポジティブな印象を与えます。

友達が欲しいと思っている人は、相手に話しかけて欲しいと思っている人が多いです。

どうしても友達が欲しいからといって、半ば強引になってしまったら本末転倒ですが、積極性をもつことは非常に大事なことです。

自分の得意なことをアピールする

人は、自分と似ている人と友達になりやすいと説明しました。

正確に言うと、人は自分と似ていて、個性的な人(自分にはないものを持っている人)と仲良くなりやすい傾向にあります。

なので、自分の得意な分野に持ち込んで、相手に積極的にアピールすることがおすすめです。

友人とは、共に尊敬しあえる関係性になりたいものですよね。

自分に得意なことがないと思っている人もいるかもしれませんが、絶対にそんなことはありません。

どんなに小さなことでも、必ず自分の特技があります。

暗くならない(明るくを心がける)

世の中、暗い人が好きな人は少数派です。

雰囲気が暗い人よりも、明るくてポジティブな人の方が友達は多いです。

なので、友達を作ろうと思っている人は、出来るだけ明るめの対応を心がけましょう。

ぼっちでいることは必ずしも悪いことではない

ここまでで、友達を作るためのアドバイスを行ってきました。

しかし、ぼってでいることは必ずしも悪いことではありません。

ぼっちでいることは、デメリットもありますが、メリットも多いのです。

関連>>>大学生のぼっちあるある8選!戦略的ぼっちのススメ!

ぼっちでいること(友達が少ないこと)も悪いことではないので、これから友達を作ろうと思っている人は、肩の力を抜いて軽い気持ちで作ってみることをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

友達作りに関して、共感できるポイントは見つかりましたか?

上述したように、大学での友達作りは時期が経つにつれて難易度は上がっていくものです。

しかし、自分になぜ友達ができていないのかを理解し、友達を作るための行動を続けていれば、必ずあなたにも友達はできます。

本当に友達が欲しいと思ったならば、行動をやめないことがポイントです。

輝かしい未来に向かって、羞恥心を捨てて友達を作りましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です