大学時代にやっておくべきこと17選!これだけやっておけば後悔しない! | キャンパスライフ

大学時代にやっておくべきこと17選!これだけやっておけば後悔しない!

“おさる校長”

現役大学生と一緒に当ブログ「きゃんぱすらいふ」を運営しているお猿校長です。今回は、大学生の以下のような質問に答えていきます。

大学生

  • 大学時代にやっておくべきこと
  • 大学時代にやって良かったもの
  • 大学時代にやらなかった後悔

これらの3点を踏まえて教えて欲しい

早速、上記の質問に答えていく前に、以下の文章を読んでください。

大学の4年間って長いようで本当にあっという間だ。僕たちには残された時間がない。そして、大抵の大学生は3年生になって就活という名の、人生における大きな分岐点にぶち当たる。僕たちは答えを出せないまま、なんとなく就職してなんとなくつまらない大人になっていく。そんな人生は嫌だ。だから僕は、運命に抗った。僕はレールを飛び出して世界に飛び出した。

これは、進路に悩んだ挙句中退を決意した男の書いた文章です。

 

この文章を読んでハッとした。

大学を卒業する人の中には、はっきりとした答えを出せないまま、周りに合わせるように就職して、人生を歩んでしまう人の多いこと、多いこと…。

 

当記事を読んでいるあなたは、こういったことがないよう、やるべきことをしっかりとこなして、後悔のない人生を歩んで欲しいと願っています。

1.大学時代にやるべきこと:読書

成功者に読書家が多いのは有名な話であるが、なぜ読書をしておくべきなのでしょうか?

 

具体的には読書には以下のメリットがあるからです。

  • たった数千円で偉人のエピソードやノウハウを知ることができる
  • 知識量が増える
  • クリエイティブになれる(インプットが増え、想像の幅が広がるから)

他にも様々なメリットがありますし、以下のような研究結果(データ)もあります。

年収と読書量の相関関係

富豪層の88%は1日30分以上読書する(年収300万以下は2%)

富豪層の86%は読書家である(年収300万以下は5%)

富豪層の63%が移動時間にオーディオブックを聞いている(年収300万以下は26%)

年収と読書量には、はっきりと相関関係があるようです。

2.大学時代にやるべきこと:教養を学ぶ

教養の重要性に気づいている大学生はとても少ないように感じます。

 

  • スティーブ・ジョブズは教養(カリグラフィー)を学んで世界を変えた。
  • 歴史も学ぶべき教養の1つ。人間は歴史の中で何度も同じ間違いを犯してきました。(だからお金持ちは歴史を学ぶ)
  • トレンドの知識は役立たなくなる。教養とは普遍のもの。だから教養は重要。
  • アメリカの一流大学は4年間教養まみれ

上記の詳しい内容は、以下の本で詳しく知ることができます。

池上彰の教養のススメ 東京工業大学リベラルアーツセンター篇 [ 池上彰 ]

created by Rinker

 

教養とは一見役に立たないものに思えます。ここで、スティーブ・ジョブズの名言をお借りします。

将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎ合わせることなどできません。後で振り返って、つなぎ合わせることしかできないのです。

だから、私たちは今やっていることがいずれ人生のどこかで繋がって実を結ぶだろうと信じるしかないのです。

出典:スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチ

3.大学時代にやるべきこと:マネーリテラシーの学習

一生付きまとってくるであろう、お金についての問題。

 

お金について学ぶこと、つまりマネーリテラシーを学ぶことは、とても大事なことであるにも関わらず、学校では教えてくれないのです。つまり、自分で学ぶしかありません。

 

大学生のうちにマネーリテラシーを学んでおけば、将来確実に得することになるでしょう。

 

ぜひ早めに学んでおくことをおすすめします。

関連>>>大学生でもお金を増やすための5ステップ!【金持ちへの道】

4.大学時代にやるべきこと:資格の習得

就活で少しでもプラスになることをしたいのであれば、価値のある資格を習得しておくことをおすすめします。

 

一言で資格と言っても、世の中には数多くの資格が存在しています。

その中から自分に合った資格を選びましょう。

 

世の中にはそれほど価値のない資格もあるので、価値のあるものを選んで学ぶことがポイントです。よく分からない人は以下の記事を参考にしてみましょう。

関連>>>大学生におすすめのコスパ最強資格ランキング!【独学でOK】

5.大学時代にやるべきこと:自動車免許の取得

こちらは、資格の習得とかぶるところがありますが、大学生のうちに自動車免許を取得しておくと良いでしょう。

 

自動車免許は、自分のIDカード(身分証明)にもなりますし、いざ運転する必要が出てきた時に、便利です。

 

例えば、大学の夏休みを利用して、合宿免許へ行けば2週間くらいで免許を取得することができるのでおすすめです。

免許合宿ランキングサイト合宿参加者が選ぶ教習所を一覧紹介自分好みの教習所を簡単に検索できます

6.大学時代にやるべきこと:インターン

大学生のうちにインターンシップを経験しておくのも大事です。

 

インターンを経験することで、就活にプラスになったり、社会を知る機会になったり、想像と現実のギャップを知れたり、様々なメリットを享受できます。

 

就活に対して不安を感じている人は、ぜひ体験してみると良いでしょう。

7.大学時代にやるべきこと:自己分析

自己分析は、就活生が必ずやるものとして有名です。

自己分析はとても重要です。意外とみんな自分のことを知らない人が多いからです。

 

自己分析をするメリット
  • 就活の面接で自分のことを上手にアピールできる
  • 自分がどんな時に幸せに感じるのかを知れる
  • やりたい仕事、合っている仕事が見えてくる

showroomを立ち上げた実業家の前田裕二さんも、就活時代ノート30冊分の徹底した自己分析を行っていました。

あなたもこれを機に徹底的な自己分析を行ってみてはいかがですか?

 

自己分析をやる際は、自分の強みを把握しておくことも重要です。簡単に自分の強みを知る方法を2種類伝授します。

1.ストレングス・ファインダーを使う

さあ、才能に目覚めよう ストレングス・ファインダー2.0 / トム・ラス 【本】

created by Rinker

上記の本を購入すると、ストレングスファインダーという才能診断ツールを使うことができます。書籍に付属してあるアクセスコードから、Web上で177個の質問に答えるだけで、あなたの才能(強み)を簡単に診断できます。

“おさる校長”

本自体の内容も非常にためになることが書いてあります。自分の強みや才能を発掘したい人は購入を薦めます。

注意

ストレングス・ファインダーは1度だけしか利用できません。(1つのアクセスコードにつき1回しか診断できない。)だから、中古で本を買っても使えない可能性が高いので注意です。

2.リクナビの提供するグッドポイント診断

無料で自分の強みを簡単に知りたいなら、リクナビの提供するグッドポイント診断がおすすめです。

 

こちらも、質問に答えていくだけで、簡単にあなたの5つの強みが診断できます。大手のリクルートが提供しているサービスなので、かなり信頼性は高いです。

リクナビに無料登録して強みを診断してみる!

8.大学時代にやるべきこと:留学

留学は大学生の時間があるうちにやっておくことをおすすめします。

社会人が、大学生時代に留学しておけばよかったと嘆く声をよく耳にします。

 

留学を経験することで、語学力が深まるだけでなく、異文化に触れて新しい体験をすることができますし、中には、1度の留学が人生を変えてしまったケースもあります。

 

先輩の声

大学時代に行った留学が人生を変えました。マレーシアに留学し、そのままマレーシアで就職をし、のんびり暮らしています。控えめに言って最高ですね。

“おさる校長”

留学はお金もかかるし、敷居の高いように思われるかもしれませんが、例えば昨今人気のフィリピン留学などへ行けば、比較的安く行けますし、公用語が英語でもあるのでおすすめです。興味のある人は、まずは無料の資料請求から始めてみましょう!

フィリピン留学なら【ヒューマンアカデミー】

9.大学時代にやるべきこと:プログラミングスキルの習得

就活で無双したい人はプログラミングをしっかり学んでおくことをおすすめします。

“おさる校長”

私はエンジニアですが、大学時代にプログラミングを学んでおけばよかったと後悔しています。新卒なら、未経験でも0から育ててくれる時代です。しっかり学んでおけば就活は余裕です。

 

最短距離でプログラミングを学びたい人は、プログラミングスクールに投資することをおすすめします。(私自身プログラミングスクールでプログラミングを学びました。)

関連>>>大学生におすすめのプログラミングスクール厳選3社!エンジニアの僕が語る

10.大学時代にやるべきこと:専門分野の学習

「教養」のような、実態があやふやな広い範囲を網羅した学問を学んでおくことも大事ですが、「専門分野の学習」をして専門性を高めておくことも重要です。

 

高校までは、いわゆる「みんな同じ内容の勉強」をしていましたね。大学で学ぶメリットの1つに専門分野を学べるということが挙げられます。

 

1つの分野を究めておけば、就職でも有利になることもあるでしょう。

“おさる校長”

大学生はもっと尖ってもいいんじゃないかと思います。周りに合わせて同じようなことをやるのではなく、もっと尖って1つのことを究めても面白そうだし、将来のためになる!

11.大学時代にやるべきこと:ブログ運営

先輩の声

大学時代にブログをやっておけばよかった。個人でお金を稼ぐという経験をしておけばよかったし、社会に出て月数万円でもお金があればかなり生活が楽。

 

ブログは、結果が出るまで時間がかかると言われているけれども、本気で取り組めば確実に結果が出ます。

ブログはちゃんとやればお金も稼げるし、その他にも様々なメリットがあります。詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

参考>>>大学生にブログをおすすめする理由!圧倒的に成長できます!

12.大学時代にやるべきこと:リゾートバイト

大学生のうちに、リゾートバイトへ行くことをおすすめします。

リゾートバイトとは、スキー場やリゾートホテル、テーマパーク、牧場などへ行って住み込みで働くアルバイトのことです。

 

リゾートバイトのメリット
  • 月20万円以上の貯金も可能
  • 新しい出会いに期待できる(カップル率高め)
  • リゾート地に住むという新しい体験ができる

お金の面でも潤うし、リゾート地で住み込みで働くという非日常を体験できます。興味のある人は以下の記事を参考にしてみてください。

関連>>>【体験談】大学生にリゾートバイトが超絶おすすめ!冬休みと夏休みに行ってきた!

13.大学時代にやるべきこと:死ぬほどの恋をする

私は、恋によって人格が変わり、人生を変えてきた人を見てきました。

恋をすることによって、明るくなったり、綺麗になったり(女性)、人に優しくなったり、生き生きしてきたり、毎日がハッピーになったり…

恋は人生に潤いを与えてくれるものです。

 

その中で、死にほどの恋をすることは「経験」という意味でも非常に大きな意味を持ちます。

しかし、今ドキの大学生と話をしていると、恋が出来ないと悩む大学生も少なくありません。

 

近年では、ネットやマッチングアプリなども発達していることから、恋をするハードルは確実に下がっているのです。それにも関わらず恋ができないのは、自分の心のハードルを上げているからなのです。

自分でバリアをはらないで、ぜひ積極的に恋をしてみることをおすすめします。

関連>>>大学生におすすめのマッチングアプリ!安全に本気で出会いたいあなたへ

関連>>>【with体験談】マッチングアプリwithで彼女ができた大学生のリアル体験談!

14.大学時代にやるべきこと:TOEIC900点を目指す

TOEICテストは認知度がとても高く、企業などでも広く認められている価値あるテストの1つです。

 

具体的にTOEICで高得点を取ることは、以下のメリットがあります。

TOEICで高得点を取ることは、かなり難易度が高いですし時間もかかりますが、コツコツやっていれば必ず到達することは可能です。

 

いきなり900点を目標にするのではなく、例えば500点をとったことがある人は、600点を目標にし、600点に達したら次は730点といったように、ステップバイステップで900点を目指していきましょう。

関連>>>大学生の英語勉強法!一生役立つスキルを最短で効率よく学習しよう!

15.大学時代にやるべきこと:一流の映画をみまくる

1流の映画は感性を高めてくれるし、見る人にポジティブな影響を与えてくれます。

人生がつまらないと思っているならば、1流の映画を見て人生を変えましょう。

関連>>>【厳選】大学生におすすめの映画14選!人生が変わる名作ならこれ!

16.大学時代にやるべきこと:ひとり旅

大学時代に、ひとり旅をすることもおすすめです。

ひとり旅のメリット
  • 自由気ままに旅をすることができる
  • 頼れる人がいない環境で、能動的に旅できる
  • 新しい出会いが期待できる
  • 自信がつく

ひとり旅に関わらず、新しいことをすることは非常に大事です。新しい体験によって人生が変わったり、自分に合ったものを見つけることができるからです。

 

まとまった休みが取れたらなら、自由気ままに旅をしてみてはいかがですか?

17.大学時代にやるべきこと:一人暮らし

大学時代のうちに一人暮らしをしておけば、自立した生活ができるでしょう。

 

一人暮らしをすると、掃除や洗濯、自炊、など全部自分でやる必要が出てきます。朝起きれない人も一人で起きなければいけないですし、自己管理能力が身につきます。

 

1度くらいは一人暮らしを経験しておくのも良いでしょう。

やっておくべきことは絞った方が良い

以上、17のやっておくべきことを紹介しましたが、これらのことを全てやる必要はありません。

 

というか、よほどのスーパーマンでなければこれらのことを全て十分にこなすことは不可能でしょうし、あれこれ手を出してどれも中途半端になってしまうのは避けたいところです。

 

やることはせいぜい2〜3個くらいにして、徹底的に絞ることをおすすめします。やりたいことが多い人は、成果を出してから次のことをやりましょう。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする [ グレッグ・マキューン ]

created by Rinker

大学時代に後悔しないために

誰だって大学時代に後悔したくないものですよね。

絶対に大学で後悔をしたくないと思っている人は、先輩の失敗談などから学ぶことも重要です。

 

以下の記事では、大学を卒業してから後悔してしまった先輩の意見を読むことができます。後悔したくない人は参考にしてみてください!

関連>>>大学生活で絶対に後悔しない方法とは?先輩達はこんな後悔をしてきました。

まとめ

以上、大学生のうちにやっておくべきこと17選でした。

 

やっておくべきことをまとめておきます。

  • 読書
  • 教養を学ぶ
  • マネーリテラシーの学習
  • 資格の習得
  • 自動車免許の取得
  • インターン
  • 自己分析
  • 留学
  • プログラミングスキルの習得
  • 専門分野の学習
  • ブログ運営
  • リゾートバイト
  • 死ぬほどの恋をする
  • TOEIC900点を目指す
  • 1流の映画を見まくる
  • ひとり旅
  • 一人暮らし

以上です。

 

やってみたいことがあったのならば、目標を立ててやってみることをおすすめします。

関連>>>【おすすめ】大学生の目標設定方法!充実したキャンパスライフを過ごすために

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です