大学生におすすめのコスパ最強資格ランキング!【独学でOK】 | キャンパスライフ

大学生におすすめのコスパ最強資格ランキング!【独学でOK】

大学の4年間は、あっという間に過ぎていきます。

そんな中、将来を見越して資格の習得に励む大学生もいることでしょう。

  • コスパの良い資格を教えて欲しい
  • 就職に有利な資格は?
  • 難易度や勉強期間なども考慮したおすすめ資格ランキングは?

当記事では、具体的に上記のような質問に答えていきます。

資格を取るのはある程度時間がかかりますし、比較的時間のある大学生のうちに、将来役に立つ資格を効率よくとっていきたいものですね。

当記事を読めば、あなたの取るべき資格が分かりますし、就活で役に立つ資格を取ることも可能です。

コスパの良い資格とは?

そもそもコスパの良い資格とはどういったものでしょうか?

今回は、以下のような項目が高いものが「コスパの良い資格」と定義します。

  1. 将来役に立つ資格かどうか?(就活に有利になるか?)
  2. 難易度
  3. どれくらいで習得が可能か?(目安の習得期間)
  4. 汎用性のあるものかどうか?

特に重要なのは、「将来役に立つ資格かどうか?(就活に有利になるか?)」という点である。

難易度や目安の取得期間も大事であるが、将来役立つものだけを紹介していきたいと思います。

それでは早速ランキングを紹介しておきます。

大学生におすすめの資格ランキング8選!

8位 秘書検定

秘書検定の評価
役立つ度
(3.0)
難易度
(4.5)
習得期間
(4.5)
汎用性
(3.0)
コスパ
(3.5)

秘書検定って知っていますか?

この資格は、秘書として働くために、「上司から必要とされる資質」、「職務知識」、「一般知識」、「マナー・待遇」、「オフィスの環境整備」という5つの領域に関する知識が問われます。

秘書に全然興味がないとしても、社会人としてのマナーも身につきますし、就活には有利に働きます。

また、人気の職種の1つである「事務職」を希望しているなら、とっておいた方が良いでしょう。

他の資格に比べると、女性から人気の資格になります。

試験の難易度は低めで、常識の範囲内で答えられるところもあります。試験は3級〜1級までありますが、難易度的に2級から受ける人も多いようです。

開催日:年三回

受講料:3級 2,600円/2級 3,800円/準1級 4,900円/1級 6,100円

合格率:2級で60%前後

 

7位 MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOSの評価
役立つ度
(4.0)
難易度
(3.0)
習得期間
(3.5)
汎用性
(4.0)
コスパ
(3.5)

MOSとは、マイクロソフト社が公式に公表している、wordやexcelといったソフトを操るスキルを証明できる資格です。国家資格ではなく、民間資格になります。

事務職志望の人にとっては必要なのはもちろん、そのほかの職種でも、PowerPointで資料を作ったり、excelやwordを使って仕事をする人も多いので、役に立つ資格と言えるでしょう。

国家資格ではないとしても、世界的に行われている資格なので、世界でそのスキルを証明できます。

開催日:毎月1~2回

受験料:10,584円

合格率:60~80%

 

6位 普通自動車免許

普通自動車免許の評価
役立つ度
(4.0)
難易度
(4.0)
習得期間
(4.0)
汎用性
(3.5)
コスパ
(4.0)

都心部に住んでいる人にとっては、必ず必要とは言えない自動車免許ですが、田舎に住んでいる人にとっては必ずとっておきたい資格の1つです。

会社によっては、入社後に取得必須のところもあるので、時間のある大学時代にとっておきたい資格と言えるでしょう。

普通自動車免許を持っていれば、大学のメンバーでレンタカーを借りて旅行に行ったりもできますし、身分の証明書にもなるので、便利です。

免許合宿に行けば、2週間くらいでサクッと取れちゃいますよ!

取得期間:14日~(AT・MT / 合宿・通いによって差がある)

費用:20万前後〜(AT・MT / 合宿・通い / 閑散期・繁忙期によって差がある)

合格率:本免許試験で約73%

 

5位 基本情報技術者

基本情報技術者の評価
役立つ度
(4.5)
難易度
(3.0)
習得期間
(3.0)
汎用性
(4.5)
コスパ
(4.0)

こちらは必須ではないですが、IT系に進もうと考えている人にとっては、とっておきたい資格の1つです。国家資格になります。

初心者の人にとっては、初めて知る用語の連発で難しく感じる人もいるようです。

そんな人には、難易度を低くした「ITパスポート」という資格もあるので、こちらから申し込んでみるのもおすすめです。

いづれにせよ、IT分野は今後も伸び続け、教養としてもためになる資格の1つと言えるでしょう。

開催日:年2回(春・秋)

費用:5,700円

合格率:20~30%ほど

 

4位 FP(ファイナンシャルプランナー)

FPの評価
役立つ度
(4.5)
難易度
(3.5)
習得期間
(4.0)
汎用性
(4.5)
コスパ
(4.0)

FP(ファイナンシャルプランナー)という資格は知っていますか?

簡単に言うと、FP(ファイナンシャルプランナー)はお金のエキスパートです。

例えば、日常生活の中でも様々なお金の悩みがあると思います。

  • 将来の年金が不安
  • 家は欲しいけど住宅ローンについてわからない
  • 貯蓄や投資の方法が知りたいな

上記のような、お金に関するありとあらゆる分野に密着している資格なのです。

日常生活でもためになりますし、銀行や証券、保険などの金融機関や、不動産業界に興味がある人にとってもためになる資格です。

お金に関する悩みは幅広いですし、私生活にも密着しているため汎用性は高いです。

3級は入門レベル、実務レベルは2級からになります。国家資格です。

開催日:2級、3級は年3回 / 1級は年1回

費用:学科試験 3,000円 / 実技試験 3,000円

合格率:2級で35%前後

 

3位 宅建(宅地建物取引士資格または宅地建物取引主任者)

宅建の評価
役立つ度
(5.0)
難易度
(3.5)
習得期間
(3.5)
汎用性
(4.5)
コスパ
(4.0)

宅建とは、毎年20万人もの受験者を要する、かなり大規模で人気な国家資格です。

「宅地建物取引業者」で働く場合に必須とされることの多い資格です。

宅地建物取引業者とは一般的に不動産会社・不動産屋と呼ばれるもののことで、土地や建物などの不動産の売買、賃貸物件の斡旋などを行います。

建築会社や不動産会社、金融機関への就職を考えている人にとっては、就職に有利になります。実は、事務職を目指している人にもおすすめで、汎用性は割と高いです。

不動産会社では、事務所の5人のうち1人は宅建の資格を持っていなければいけない、というような決まりがあります。そこで、宅建の資格を持っていれば、給与UP(手当)が与えられる場合があります。

開催日:毎年1回

費用:7000円

合格率:15~17%程度

 

2位 簿記(日商簿記検定)

簿記の評価
役立つ度
(4.5)
難易度
(4.0)
習得期間
(4.0)
汎用性
(5.0)
コスパ
(4.5)

日商簿記検定とは、年間約60万人が受験する人気の資格です。

簡単に説明すると、簿記とは帳簿(ちょうぼ)と呼ばれるノートに、財産や売買に関する記録をつけることです。

記録をつけることによって経営成績や財政状態を把握することができるのです。

この資格の良いところは、汎用性が高く、ビジネスマンとして役に立つスキルであると言われています。

将来的に、自分でビジネスを興そうと思っている人にとっては、会計の知識は必要になってきますし、簿記の知識を身につけて、数字を読めるようになれば必ず将来のプラスになるでしょう。

仕事で活かしたいのであれば、簿記2級以上を目標に頑張りましょう!

難易度は、1級はかなり難しいですが、3級や2級でしたらそこまで高くはありませんし、独学で大丈夫です。ただし、受験者数も多く、勉強しない方も出てくるので合格率は低めになっています。

開催日:年3回

費用:3級 2,570円/2級 4,630円/1級 7,710円

合格率:3級 35%~55%程度/2級 15%~30%程度/1級 10%前後

 

1位 TOEIC

TOEICの評価
役立つ度
(5.0)
難易度
(3.5)
汎用性
(5.0)
コスパ
(4.5)

TOEICに関しては、もはや説明不要ですね。

TOEIC試験の結果を参考にしている企業も多数ありますし、自分の英語力をTOEICの成績で示すことができます。

外資系企業等では、TOEICの点数が○点以上必須というところもあるくらい、有名なテストになります。

600点取れれば、平均を越えることができますし、まずは600点という数字を目標にしてみましょう。

満点は990点です。900点以上は難易度がかなり高いですが、取ることができれば他の就活生よりもかなり有利になるでしょう。

関連:大学生の英語勉強法!一生役立つスキルを最短で効率よく学習しよう!

開催日:年10回

費用:5,725円

 

まずは明確な目標設定から始めよう!

自分にとって受けるべき資格や興味のある資格は見つかりましたか?

受験する資格が決まったら、まずは明確な目標を設定しましょう。

目標があるのと、ないのでは資格取得の難易度が大幅に変わってきます。

正しい目標設定の方法は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

関連:【おすすめ】大学生の目標設定方法!充実したキャンパスライフを過ごすために

上記の資格は独学でOK!

上記で紹介した資格のほとんどは独学でも十分習得が可能です。

だから、お金がない大学生でも参考書代と受講費さえ出せれば、独学でも構いません。

しかし、やはり独学でやるよりも、資格を最短で効率よく習得するには、ユーキャンなどの通信講座を利用してやるのも1つの手です。

時間が大幅に短縮できる可能性もあるので、ぜひ積極的に活用してみることをおすすめします。

資格ならユーキャンがおすすめ!→生涯学習のユーキャン

まとめ

いかがだったでしょうか?

なんの目標もなく大学生活を送っていては、何も生み出さず、無駄に4年間を過ごしてしまう人が後を立ちません。

そこで、将来に向けて自分にとってプラスになる資格を選んで、明確に目標をたて、最短距離でためになる資格を習得することが大事です。

授業期間中にコツコツやるのも良いですし、連休中に短期集中でやるのも良いですが、在学期間中を有意義に使っていきたいものですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です