大学生活が不安?絶対に暗黒の4年間にしないための具体的対処法 | キャンパスライフ

大学生活が不安?絶対に暗黒の4年間にしないための具体的対処法

これから大学に入学する人も、すでに大学に入学した人も、大学生活に不安を覚えている人は多いようです。

  • 「友達ができるのか不安だ」
  • 「大学生活に馴染めるのか不安」

など、様々な不安を抱いているかと思います。

しかし、大学生活に対してそんなに不安に思う必要はありません。

 

大学は自由です。高校とは違って、何を学んでもいいし、自分の好きなことを究めていくのも良いです。それくらいの時間はあります。

ただし、中には大学のスタートダッシュに失敗して、暗黒の4年間を過ごしてしまう人もいるのが事実です。

今回は、大学のスタートダッシュに失敗しないための対策と、万が一失敗してしまった人はどう対処したら良いのかを述べていきます。

 

私は、大学生活で失敗する人をたくさんみてきて、失敗する人には同じような傾向があることに気がつきました。

当記事を読み終える頃には、大学生活への不安がぐっと軽減されているしょう。

 

大学に入って、友達が作れるのか?

大学に入って一番最初に不安に思うこと、それは友達が作れるかどうかということではないでしょうか?

 

大学は高校とは違って、必修の科目以外は自分で授業を選択できますし、席も自由席です。友達付き合いの方法も、高校とは違ってくるかと思います。

今後の大学生活をどう過ごしていくかについて、友達作りはかなり大きな要素を占めてくるので、大学での友達の作り方について言及しておきます。

 

まずは、オリエンテーションが一番重要!

大学に入学すると、どの大学にもオリエンテーションの期間があるかと思います。

友達を作るなら、このオリエンテーションの期間が一番重要です。

というのも、この期間はまだグループになっている人も少ないですし、内心みんな友達が欲しいと思っているので、一番友達ができやすい期間になります。

 

この期間に知り合った友達と、4年間ずっと付き合う人も結構います。

逆に、このオリエンテーションの期間が過ぎてしまうと、すでにグループが出来上がってしまうので、友達を作る難易度は上がっていくのです。

 

サークル・部活もチャンス

サークルや部活も友達作りには絶好のチャンスの場です。

特に、最初の新入生歓迎会(新歓)が大きなチャンスです。

自分の興味のあるサークルには、積極的に足を運んでみましょう。

 

サークルに関しても、最初につまずいてしまうとなかなか入りずらくなってしまいます。

積極的に行動してみましょう!

 

SNSを使ってみる

SNSの使い方については、注意が必要ではあるものの、友達作りに役立ちます。

大学が始める前などに、同じ大学の公式アカウントをフォローしている人や、気になるひとがいれば積極的にメッセージ等送ってみてはいかがでしょうか?

意外と多くの人が、大学での友達作りに不安を感じているので、入学前にTwitter等を使って友達作りに励んでいるみたいです。

大学での情報収集も含めて、ぜひ積極的に活用してみましょう。

MEMO
TwitterなどのSNSに関しては、中には悪質なアカウントも存在します、利用には注意が必要です。

 

スタートダッシュに失敗した人へ

中には、スタートダッシュでつまづいてしまった人もいるかと思います。

そんな人におすすめしたいのは、プライドを捨てるということです。

プライドはあってもなんの役にも立ちません。友達に関してもあまり選り好みせずに、誰にでも絡んでみるべきです。(もしかしたら喰わず嫌いかもしれませんよ?)

 

スタートダッシュでつまづいたからといって、自分次第でどうにでもなります。

授業の近くに座っている人に、「前回の授業休んでしまったので、ノートを見せてもらえないですか?」とか、「隣良いですか?」などと話しかけて、積極的に行動してみましょう。

傷つくのはこわいけど、ずっとぼっちでいるよりましではないですか?

 

2、3人と仲良くなれば、自然と友達の輪は広がっていく

大学は意外と狭い世界です。

最初の2、3人と仲良くなれば、自然とゆるい繋がりを持てる友達ができてくるはずです。

友達作りに関して、苦労するのは最初だけです。

勇気は一瞬、後悔は一生です。

 

大学生活に馴染めるか不安

大学生活といえば、恋人を作ったり、バイトをしたり、勉強したり、そんなキャンパスライフに馴染んでいけるのかが不安だという人もいるかと思います。

それぞれの不安に対する対処法について説明していきます。

 

恋人ができるのか不安

大学に入って、恋人を作ってやろうと意気込んでいる人も多いことでしょう。

 

しかし、大学生に対すアンケート調査では、恋人がいる大学生の割合は、なんと4割強(36.3%)だったそうです。

出典:https://shingakunet.com/journal/trend/20170327182982/

 

その中で、出会った場所は以下のような結果になりました。

  • 大学 50.8%
  • 中学または高校 26.2%
  • バイト 10.8%
  • SNS 4.6%
  • 合コン 3%
  • その他 4.6%

大学で出会っている人が多いみたいですね。

大学で恋人を作れるかどうかも、非常に不安に思うことがあるかと思います。

しかし、現代ではマッチングアプリなども発展してきているため、以前に比べると難易度は下がっているはずです。

関連記事:大学生におすすめのマッチングアプリ!安全に本気で出会いたいあなたへ

あとは、自分次第なので、行動し続ければ恋人もできるはずです!

 

勉強についていけるか不安

高校とは違い、大学は授業の時間割などを自分で決めることができますし、授業を休む時もいちいち断りを入れる必要もありません。(無断欠席)

つまり、高校に比べてより自由になるのです。

 

学校のレベルにもよりますが、学ぶ内容もレベルが上がる場合が多いでしょう。

中には、難しく感じる時もあるでしょう。でも、全ては自分次第です。

自主性を忘れず、しっかりと毎日少しづつでも勉強を続ければ、勉強についていけなくなることはないでしょう。(中にはテスト前だけしか勉強しない学生もいるくらいです。)

 

お金について

お金について不安を抱いている方もいるかと思います。

しかし、たとえいくら貧乏で、親からの仕送りが期待できないような人でも、自分一人の力で卒業してしまった人もいます。

先輩の声

学校の授業に毎日休まず行くだけでなく、週6の夜勤バイトを毎日続けながら、親からの仕送り0、奨学金0、学費も全額自腹で大学を卒業してしました。

そこまでストイックになれとは言っていません。しかし、奨学金なども利用すれば、家が貧乏でも大学を卒業することは十分可能です。

なので、お金について不安に思うことがあっても、全部自分次第です。

 

それでも不安だという人は、まずはアルバイトを探しましょう。

関連記事:大学生におすすめのバイト20選!あなたにぴったりのバイトはこれ!

 

一人暮らしができるか不安

大学生活から一人暮らしがスタートする人もたくさんいるかと思います。

今までは、掃除、洗濯、料理など親に任せることも多かったことでしょう。

でも、一人暮らしは全部自分でやらなければいけません。

不安を覚えることは多いでしょう。

 

ただし、人間は慣れる生き物です。

先輩の声

最初は一人暮らし→「寂しい、めんどくさい」と感じていたけど、1年後→「快適、最高」という感じで快適になりました!笑

そこまで不安を感じる必要はないです。

 

大学生活は自分次第でどうにでもなる!

大学生活は、未知の体験だからこそ不安なことがいっぱいあるかもしれません。

充実したキャンパスライフをおくるか、それとも暗黒の4年間にしてしまうかも全部自分次第です。

逆に言うと、スタートダッシュで遅れてしまった人も、くすぶっている人も自分次第でどうにでもなります。

 

キャンパスライフは、積極的に行動して、後悔のない生活にしたいものですね。

関連記事:大学生活で絶対に後悔しない方法とは?先輩達はこんな後悔をしてきました。

当ブログでは、大学生のキャンパスライフに役に立つ、ためになる情報を発信しています。この記事が良いなと思った人はぜひブックマークして、他の記事も読んでみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です