大学生活で絶対に後悔しない方法とは?先輩達はこんな後悔をしてきました。 | キャンパスライフ

大学生活で絶対に後悔しない方法とは?先輩達はこんな後悔をしてきました。

これから大学生活で絶対に後悔したくない。キャンパスライフで後悔しない方法や、やっておくべきことがあったら教えて欲しい!

とあるアンケート調査によると、卒業した大学生の65%が大学時代に後悔したことがあると回答している。

そこで、当記事では絶対に大学生活で後悔しないために、以下のような内容になっています。

  • なぜ大学生は後悔してしまうのか?
  • 先輩達はどのような後悔をしているのか?
  • 後悔しないためにどうすれば良いか?

過去の大学生(先輩)達の失敗談や、実際に後悔していることを載せていきます。

あなたは、同じ失敗をしないために、しっかりと先輩達の失敗談から学んでいきましょう。

この記事を読み終える頃には、あなたが大学生活で後悔しない方法や、実際に今からどういう行動をとれば良いのかが具体的に分かります。

なぜ大学生は後悔してしまうのか?

高校時代に比べると、大学のキャンパスライフは自由です。でも、自由だからこそ何をして良いか分からなくなってしまいますよね。

実際に、何をして良いか分からないまま大したこともしないまま、大学生活を終えてしまう人もたくさんいます。

 

先輩達が後悔している理由を分析すると、以下のようなパターンが多いです。

先輩達の後悔

  • 将来に繋がることをしておけばよかった
  • もっと積極的に行動しておけばよかった
  • もっと必死に何かに熱中しなかったという不完全燃焼感
  • もっと〜しておけばよかった

これらは全て、大学時代に「やらなかった後悔」なのです。

時間のある大学のうちにこそもっとやっておけばよかった、と考える人が後を立たないのです。

 

特に社会人になって、普通のサラリーマンとして働こうと考えている人にとっては、社会人の時間のなさや忙しさに戸惑う人もいます。

時間のある大学時代だからこそできることもあるかと思います。これから大学時代を駆け抜ける人は、ぜひ積極的に行動に移して欲しいと思います。

 

大学を卒業した先輩達が後悔する10のこと

ここからは、実際に大学を卒業した人たちが抱いている後悔について紹介していきます。

同じ失敗をしないように、しっかりと参考にしてみてくださいね。

 

1.もっと勉強すればよかった

勉強だけしておけば、許されるのは大学生までです。

社会に出ると、食べていくために働かなくてはいけません。勉強に費やす時間は減るかもしれません。

 

先輩達は、大学時代に勉強してこなかったことに後悔しているのです。

先輩の声

ああ、時間のある大学のうちにもっと勉強しておけばなあ。

 

2.留学しておけばよかった

留学こそ時間のある大学生のうちにやっておきたいことの1つです。

自分が知らない環境の中で生活してみることで、いかに自分が小さい世界で生きていたのかが分かります。

 

留学をして、異国の地で暮らしたという「経験」は将来あなたのプラスになることでしょう。

また、語学力がつくという点でも魅力的ですね。

先輩の声

社会人になって英語の重要性を身にしみて感じています。時間のある大学生のうちに留学しておけばよかったなあ。

 

3.もっと旅をしておけばよかった

留学と似ていますが、旅行も非常に大きな経験の1つです。

自分の見たことのない景色が見れますし、世界には自分の知らない世界が広がっています。

実際に自分の目で見たものしか分からないこともあります。

 

また、自分のことを誰も知らない環境へ行って、自分のことについてしっかり考えてみることもおすすめです。

自分は何がしたいのか、どんな時に嬉しいのかについてゆっくり考えてみてください。

先輩の声

旅をして思ったのは、この世界はまだまだ自分の知らないことや物で溢れているということ。実際に体験したことと、聞いてなんとなく理解したものは違います。

 

4.本を読んでおけばよかった

先輩達の中には、もっと本を読んでおけばよかったと思っている人が大勢います。

本はすごくコスパが良い買い物です。たった数千円で、偉大な先人からの知恵が学べたり、知らなかった知識が身についたりするからです。

ぜひ大学生のうちに少しづつでも良いから、本を読んでおくことをおすすめします。

 

5.英語やプログラミングなどを学んでおけばよかった

英語やプログラミングなど、将来役に立つであろうスキルを学んでおくこともおすすめです。

英語が話せることや、プログラミングができることは仕事をする上で、プラスになります。

これらのスキルに関しても、毎日少しずつでも学んでおけば、何もしてこなかった大学生達と比べて大きくリードできることでしょう。

先輩の声

プログラマーは20代で年収1000万円以上稼ぎ出す人がいる世界。大学生のうちにもっとプログラミングを学んでおけば、就職や人生をもっとイージーに乗り切っていたことだろう。

関連:大学生におすすめのプログラミングスクール厳選3社!エンジニアの僕が語る

関連:大学生の英語勉強法!一生役立つスキルを最短で効率よく学習しよう!

 

6.アルバイトしておけばよかった

社会に出る前に、少しでも働いて自分でお金を稼ぐという体験ができるのはありがたいことです。

意外な意見として、アルバイトをやっていた人の方が仕事ができる傾向にあるから、自分もアルバイトをやっておけばよかったという意見もありました。

 

アルバイトの経験が、就活や社会に出てからも生きているという意見が聞こえてきました。

先輩の声

しょうもないことに時間を使うぐらいなら、せめてアルバイトをしてお金を稼いでおけばよかった。

MEMO
ただし、「アルバイトばかりするのではなく、他のこともやっておけばよかった」という意見もあったので、アルバイトはほどほどにすることをおすすめします。

関連:大学生におすすめのバイト20選!あなたにぴったりのバイトはこれ!

 

7.自分でお金を稼いでおけばよかった

大学のうちに自分でお金を稼ぐという体験をしておけばよかったという意見もありました。

今の時代は、ブログ、プログラミング、投資などの稼げる情報も多いですし、昔に比べるとかなり個人が稼ぎやすくもなっています。

先輩の声

学生時代に月数万円でもお金を稼いでおけばよかった。

 

8.もっと遊んでおけばよかった

大学時代にもっと遊んでおけばよかったと後悔する人も意外といるのです。

こちらも、社会に出て遊ぶ時間が取れないことからくるものかと思います。

サークルに入ってお酒を飲んだり、友達と狂ったように遊べるのも大学時代だけかもしれません。

人生のモラトリアム期間を大いに楽しみましょう。

先輩の声

学生ノリに慣れてしまっている人にとっては、社会人はとても忙しく、遊ぶ時間はぐんっと減ります。

 

9.資格を取っておけばよかった

資格に関しても、将来に繋がる資格を取っておけばよかったという意見が多かったです。

簿記の資格や、TOEIC、ファイナンシャルプランナー、宅建など、

 

自分の将来に繋がるような資格で、かつ価値が高いものを取ることをおすすめします。

大学の夏休みなどで、がっつり勉強することができれば、それなりの資格も取れるかと思います。

関連:大学生におすすめのコスパ最強資格ランキング!【独学でOK】

 

10.無駄な時間を過ごさなければよかった

大学時代は、時間があるからこそだらけてしまったり、動画をみていたら1日が終わったなんて過ごし方をしていませんか?

当てはまった人は要注意です。

先輩達は、無駄な時間を過ごしたことによる後悔をしています。

無駄な時間とは、プラスになることが何もない時間のことです。

大学時代はとても貴重なので、無駄な時間を出来るだけ無くしていきたいものですね。まだ間に合いますよ!

先輩の声

大学の夏休みなどは、時間があるからこそだらけてしまっていましたが、もっと有意義な時間の使い方をすればよかったと後悔しています。

 

絶対に後悔しないために、これからすべきこと

先輩達はどんな悩みを抱いているか分かりましたか?

ここからは、あなたも同じように後悔しないために、これから具体的にどう行動して行くべきなのかを述べていきます。

 

1.まずは行動することを決めよう

とにかく大事なのは行動することです。

何かをやろうと思っても、実際に行動に移さなければ意味がないですし、何も進歩がありません。

 

上述したように、先輩達は行動しなかったことに対して後悔しています。

だから、後悔しないよう毎日全力で行動していきましょう!

関連:【おすすめ】大学生の目標設定方法!充実したキャンパスライフを過ごすために

 

2.行動するためには、ある程度お金も必要

例えば、留学しようと思った人は、ある程度お金が必要だったりしますよね。

そんな人は、まずは行動するためのお金を貯めましょう。

 

おすすめなアルバイトは以下の記事で紹介しています。

関連:大学生におすすめのバイト20選!あなたにぴったりのバイトはこれ!

また、夏休みや冬休みなどの長期休暇を利用して、リゾートバイトに行ってみることもおすすめです。

 

リゾートバイトなら、お金が貯まります。(1ヶ月20万以上の貯金も可)

興味のある人は以下の記事を参考にしてみてください!

関連:【体験談】大学生にリゾートバイトが超絶おすすめ!冬休みと夏休みに行ってきた!

 

3.お金が貯まったら、1を実行

バイトしたりして、お金が貯まったら行動に移しましょう。

仮に、計画したことが失敗してしまった or ピンとこなかった人も出てくるかと思います。

 

そのように感じてしまった人は、また1に戻って新しいことをやるだけです。

実際のところ、何が成功するか、何が自分に合うのかはやってみないと分からないですし、人生はトライアンドエラーの繰り返しです。

上記の1〜3を繰り返しましょう。

全力で必死に行動していたら、大学時代に後悔することなくなります。

 

まとめ

大学時代に後悔したくない人は、先輩達の失敗談を反面教師として、自分は失敗しないように気をつけましょう。

自発的に行動さえとっていれば、大学時代に後悔することも無くなります。

ぜひ、後で後悔しないように、行動し続けてみてくださいね!

輝かしい未来のために。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です