好きな人にアプローチできないあなたへ!ステップバイステップで相手を振り向かせる方法 | キャンパスライフ

好きな人にアプローチできないあなたへ!ステップバイステップで相手を振り向かせる方法

  • 気になる人にアプローチできない
  • 恋愛経験が乏しく、自分に自信がない

自分に自信がないからといって、好意を伝えることができなければ、自分の気持ちを一生知ってもらえないまま終わってしまう可能性がある。

逆に、アプローチ方法を間違うと、相手によく思われない可能性もあり得る。

そこで、当記事では相手に嫌われることなくステップバイステップで相手との距離を縮めて、好きな人を振り向かせる方法を解説していく。

気になる人(好きな人)はいるけれども、うまくアプローチできないと思っている人向けです。

好きな人に適切なアプローチをとって、距離を縮めていきましょう!

心理学も使ったアプローチ方法も登場します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

好きな人にアプローチできない理由

あなたが好きな人にアプローチできない理由は、相手との関係性を築けていないのが大きいです。

極端な例で言うと、例えばそもそも相手にあなたという存在を知られていない状態では、アプローチをする以前の問題になります。

つまり、相手に知られていない状態→顔見知り状態→友達→ちょっと気になる→友達以上恋人未満→恋人

上記のような感じで、ステップバイステップで相手との関係性を築いていくアプローチを取っていくのが、恋人まで発展しやすい流れになります。

以下で、ステップバイステップで相手との距離を縮めていく方法について解説していきます。

人によっては、すでに友達になっている人もいるかと思います。

自分の状況に合わせて見ていくことをおすすめします。

【ステップ1】まずは自分のことを知ってもらおう!

ステップ0の状態=あなたは相手のことを知っているけれども、相手はあなたのことを知らない状態だとします。

まずは相手に自分のことを知ってもらう必要があります。

言い換えれば、自分という存在を相手に意識させる状態とも言えます。

自分を知ってもらうためには、相手に話しかける必要があります。ハードルが高いように感じるかもしれません。しかし、ここは第一関門です。

挨拶をしてみたり、「暑いですね」等の世間話から始めてみましょう。

 

まずは知り合わなければスタートラインにすら立てません。

勇気が持てない人は、友達の助けも借りてアプローチしてみることをおすすめします。

ポイント

好きな人の連絡先を交換できれば、第一関門はほとんど超えられるでしょう。後は、連絡が途切れないように意識しましょう。

【ステップ2】友達になる!(より親しい仲になる)

相手に自分の存在を意識させた後にとるステップとして有効なのが、友達になるということ。

人によっては、このステップを経ずに恋人関係まで発展する人もいます。

しかし、友達になってからの方が、より接触が多くなったりするし、さりげなくデートにも誘えるため、自信がない人には特におすすめです。

以下で、好きな人との仲を深めるために効果的なアプローチを2つ紹介します。

接触回数を増やす

好きな人とより親しい仲になるために重要なことは、接触回数を増やすということです。

相手のLINEを知っているならば、よりこまめに連絡を取るようにしたり、学校や職場、イベント等で相手と顔を合わす回数を増やしてやることがポイントです。

これは、心理学で有名な「単純接触効果」(ザイオン効果)を期待しているためです。

つまり、人は接触する回数が多ければ多いほど、相手への好意が増えていくというものです。

とある実験では、被験者に異性の写真を見せ、どの人が一番印象が良かったかを尋ねた結果、写真を見た回数と比例して、相手への印象も上がっていったという結果になったそうです。

そのくらい、単純接触効果は有効なので、ぜひ利用したいものです。

共通点を探す

相手と仲良くなるには、相手と自分との共通点を探すのもかなり効果的です。

例えば、自分と同じ部活に入っていた人、出身地が同じ人、出身校が同じ人、趣味が同じ人などなど

人は気づかないうちに、共通点のある人のことを好意的に思う傾向にあります。

自分と相手との共通点がないと悲観的になる人が稀にいます。

しかし、共通点はこじつけでも構いません。

少しでも共通点があるのならば、その共通点をアピールしましょう。

【ステップ3】相手にとって気になる存在になる

気になる相手との距離を縮めることができたら、自分という存在を相手に意識させます。

ここでは、いわゆる「友達以上恋人未満」という関係になれればオッケーです。

ポイントはいくつかありますが、まずは相手に自分は異性であるということを意識させる必要があります。

というのも、友達になったはいいものの、お互いが異性であると意識することなく、友達関係のまま終わってしまう人がいるからです。

今までは友達関係だと思っていた人が、時々異性の顔を見せてくる時に、人はドキッとしたりするものです。

なので、相手に異性であると意識させるためのアプローチを心がけましょう。

女性相手に有効なアプローチ
  • 特別扱いする(あなただけにしかしていないということを伝える、見せる)
  • さりげない気遣い(荷物を持つ、自分が車道側を歩くなど)
  • 相手の良いと思ったところを自然に褒める(性格、服装など)
  • 悩みや本音を話す
  • プレゼントする

女性はやはり、男性から特別扱いしてほしいものです。男性に比べると、女性は一目惚れしづらいので、徐々に男らしさをアピールしていきましょう。

男性相手に有効なアプローチ
  • 笑顔で楽しそうにする
  • さりげないボディータッチ
  • もっと一緒にいたいと伝える
  • 好意を伝える

相手の好みにもよりますが。男性と一緒にいる時に、楽しそうに振舞ったりすると好感度がアップします。

また、さりげないボディータッチは相手をドキッとさせることもあるようです。

なかなか好意を伝えられない人へ

とにかく相手にとって気になる存在になるには、相手に好意を伝えることがポイントでもあります。

しかし、シャイで不器用な人にとっては、なかなか相手に好意を伝えるのは難しかったりもしますよね。

友達や知り合いに吹き込んで、間接的に好意を伝えてもらう方法があります。

この方法は時にはすごく有効です。

何故ならば、人に直接好意を伝えられるよりも、人づてで間接的に好意を知る方が嬉しかったりもするからです。(この辺は人の好みによる)

どうしても相手に好意を伝えられないのであれば、友達に協力してもらっても良いでしょう。

【ステップ4】付き合う

いよいよ最終ステップです。

ここまでくれば、以前よりも格段に告白の成功率は高まっています。

なので、ここで好きな人をデートに誘い告白しましょう。

ここでは、告白の成功率をあげるためのコツを紹介しておきます。

告白はタイミングが超重要!

告白ではタイミングが超重要です。告白のタイミングで失敗することは、告白の成功率を大きく下げることにもつながります。

まずは告白の時間帯ですが、夕方(17時〜19時頃)がもっとも成功率が高いと言われています。

これは「黄昏効果」によるものです。

つまり、17時〜19時頃は人間の判断力が最も鈍る時間なんだとか。この間に告白してしまえば、告白は成功しやすいと言われています。

さらに何回目のデートで告白をすれば良いのかと言うと、3〜4回目が最も成功率が高いです。

1回目のデート→相手を知る

2回目のデート→相手の印象の確認

というプロセスを踏むことになり、3〜4回目のデートで仲も深まり成功しやすいのです。

ポイントはデートとデートの間の期間を空けすぎないことです。

あまりにもデートとデートの期間が空いてしまうと、気持ちが離れていってしまったり、上記のプロセスが狂ってきます。

よって、告白の成功率をあげるために告白の時間帯と何回目のデートで告白するかは意識しておきましょう。

告白は怖い。それでも伝えよう。

告白したり、好きな人にアプローチするのは勇気がいりますし、失敗することはこわいですよね。

それでも、人は勇気をもって告白するべきだし、積極的にアプローチするべきです。

相手に好きだという感情を伝えることなく、曖昧な関係を続けてしまうのは良いとは言えませんし、もしかすると一生伝えられず後悔してしまうかもしれません。

失敗して落ち込むことよりも、一生後悔することの方が辛いですよね。

だからこそ、勇気をもって自分の好意を伝えたり、アプローチしていきましょう。

まとめ

以上のステップをまとめます。

自分に自信がない人はステップバイステップで、好きな人との距離をつめていくことが、告白の成功率を上げることにつながります。

以下のステップごとに距離をつめていきましょう。

  • 【ステップ1】自分のことを知ってもらう
  • 【ステップ2】より親しい仲になる(友達)
  • 【ステップ3】相手にとって気になる存在になる
  • 【ステップ4】付き合う

以上、4ステップです。

自分の状況に合わせて、適切なステップをとっていくことをおすすめします。

行動するのは勇気がいるかもしれないけれども、上記の内容を踏まえて行動にまでうつしてみてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です