就活が嫌すぎる…就活以外の選択肢がないと思っているあなたへ! | キャンパスライフ

就活が嫌すぎる…就活以外の選択肢がないと思っているあなたへ!

  • 就活が嫌すぎる…
  • でも自分には才能も能力もないから、就活以外で生きていく選択肢がない…

そんな風に考えてはいませんか?

私も同じように思っていました。

しかし、私は大学時代に社会不適合者だったので、就職するという選択肢を捨てました。

このように書くと、私には何か才能や能力があったのではないかと思う人もいるかと思います。

そんなことはなく、超平凡な大学生だったけど、今現在27歳までフリーランスとして生計を立てることができています。

当記事では、才能や能力がない大学生だって、選択肢は無限に広がっているんだということを伝えたいと思います。

私にも出来たのだから、あなたにも出来ます。もしかして、可能性に蓋をしているのは、あなたの気持ちかもしれませんよ?

MEMO
ここに文章ちょっと胡散臭い感じもしますが、内容はいたって真面目です。変な勧誘等もありません。

能力や才能がなくたって、就活が全てではない

繰り返しになりますが、能力や才能がなくたって、就活が全てではなく選択肢はたくさんあります。

日本の大学生の大半は、なぜ就活をしなければいけないと思っているのでしょうか?

それは、育つ過程で受けた洗脳だったり、同調圧力だったりするでしょう。つまり、みんなと同じような行動を取ることがよしとされているからです。

「出る杭は打たれる」ということわざがありますし、レールの上から飛び出すのは勇気がいるでしょう。

しかし、世の中にはレールを飛び出した結果、自分らしい人生を送れるようになった人や、幸せに生きれている人がたくさんいる事実もあるのです。(第一私がその例です。)

MEMO
就活以外の、具体的な選択肢に関しては後述します。

就活が嫌すぎる理由とは?

そもそもあなたの就活が嫌すぎる理由とは何なのでしょうか?

それは、面接が嫌だったり、就活そのものがめんどくさかったり、様々な理由があるでしょう。

でも、1番の原因の1つに、自分がやりたい仕事や就活の軸がはっきりと決まっていないからではないでしょうか?

そもそも、本当にやりたい仕事があるならば、多少嫌なことも耐えられるでしょうし、自分にとっては本当にやりたい仕事が見つかっていないのではないでしょうか?

フリーターを続けながらでも生きていける

自分の本当にやりたい仕事がないにも関わらず、周りに合わせて無理やり就活を進めてしまい、結果として、入社後にわずか数ヶ月で会社を辞めてしまう新入社員が山ほどいます。

かつて、世界を変えた男である、スティーブ・ジョブズは言いました。

仕事は人生の大部分を占める。心からの満足を得る唯一の方法は、素晴らしいと思える仕事をすること。そして素晴らしい仕事をするには、自分がやっていることを愛することだ。それがまだ見つかっていないのなら、探し続けろ。

つまり、「自分は本当に何がやりたいのか」探し続ける必要があるのです。

大学生のほとんどは、自分の人生についてよく考えてこなかったため、就活で焦ってしまう人が続出します。

そんな中、就職以外の選択肢がないというのは、あまりにも残酷すぎます。

就活しなくても、アルバイトで生計を繋ぐことは可能です。

就活して、あっさり仕事を辞めてしまうくらいなら、無駄な時間を過ごして消耗しないためにも、他の選択肢があるということを理解して欲しいと思います。

大学生なら就活しなくても正社員になれる

さて、就活事態がどうしても嫌だという人もいることでしょう。

もしあなたが、今大学生なら就活しなくても正社員になる選択肢もあるといことに気づきましょう。

例えば、大学生のうちからIT企業でプログラマーとしてバイトしていれば(技術力を身につけておくことは必須だが)、そのまま正社員として働くことも可能でしょうし、

ベンチャー企業でインターンやアルバイトを経験すれば、そのままその会社で正社員で雇ってもらえる可能性もあるでしょう。

肩の力を抜いて就活をやってるのも良い。

就活が嫌だ。

でも、どうしても就活をしなければ行けないなら、肩の力を抜いて就活をやってみましょう。

今現在、まだまだ売り手市場であることに変わりはなく、職業を選ばなければどれだけでも就職は可能です。

高望みせず、自分のできる範囲でリラックスして就活をやってみてはいかがですか?

就活しないという選択肢!

就活がどうしても嫌だという人は、就活をしないという選択肢があるということも分かっておいて下さい。

以下で具体例を解説していきます。

 

プログラマーとして生きる道

先日、フリーのエンジニアさんとお話する機会がありました。

その人の話によると、就活をせずに大学を卒業し、フリーターをやりながら1年くらいプログラミングを勉強していたそうです。

その結果、ベンチャー企業でエンジニアとしてアルバイトが決まり、正社員で働くまでになったそうです。その後、さらに技術を磨いて今はフリーランスで働いています。

1年くらい勉強すれば、プログラマーとして働けるくらいの技術力はつくそうです。

MEMO
新卒だったら、未経験でもプログラマーとして雇ってもらうことも可能です。(就活はしなくてはいけないが)

1度も就職せずにフリーの道へ

これは私の話です。冒頭でも述べた通り、私は27歳で1回も就職したことがありませんが、生計を立てられています。

私は様々なことをやっているのですが、メインはこのようにライター業(文章を提供)したり、仲間と自分達のメディアも運営しています。

私自身、失敗と苦労の連続でした。しかし、自分は就職してもうまくいかない未来が見えていたので、この道を突き進みました。

最初の1、2年くらいは、アルバイトをしなければいけませんでしたが、今は本業だけで生きていけます。

私が伝えたいことは、継続は本当に強力であるということと、諦めないことの重要性です。

何かやりたいことがあるなら、逃げ出したくなってもとにかく継続しましょう。継続力は凡人が成功するための大きな武器です。あとは自分の道を信じること。それに尽きます。私でも出来たのだから、やろうと思えば誰でもできます!

 

起業してみる

起業というと、ハードルが高いように聞こえるかもしれませんが、おすすめは失敗しても大丈夫なくらい、小さく始めてみることがおすすめです。

具体的にいうと、ブログを始めてみることがおすすめです。

ブログなら、初期費用が数千円〜数万円くらいで済みますし、失敗してもノーリスクです。

私も最初に成功したのは、ブログでした。

ブログは成長するまでに時間がかかり、大抵の人が途中で辞めてしまいますが、1年以上試行錯誤を繰り返し、続けていれば必ず芽がでるでしょう。大抵の人は1年以上続かないので、続けるだけで差別化できます。

就活が嫌すぎるなら逃げたって良いんだよ。

最後に、就活が嫌すぎて悩んでいる人に伝えたいことは、就活が嫌なら逃げても大丈夫だということです。

アルバイトだけで一生生計を立てることはおすすめしないけれども、可能ではあるし、就活しなかったからといって死ぬことはない。

第一、26歳くらいまでなら、就職したことがない人でも、初就職は可能なので、それまでにアルバイトをしつつ自分のやりたいことを見つけたり、ゆっくり何かスキルでも磨いていけば良いと思います。

選択肢はあなたが思ったより広がっている。

自分には無理だと思って行動しないのか、できるかもしれないと思ってい行動し続けるかはあなた次第だ!

何れにせよ、自分の人生を充実させることができるのはあなただけなのだ。

 

おすすめ人気記事

オススメ:大学生におすすめのバイト20選!あなたにぴったりのバイトはこれ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です