治験バイトとは危険なのか?実態を徹底調査! | キャンパスライフ

治験バイトとは危険なのか?実態を徹底調査!

治験は高額の報酬をもらえるから受けてみたいのだけれど、危険じゃないの?高額なのは嬉しいけど、逆に不安だなあ

そんな風に思っていませんか?

 

結論からいうと、治験のバイトは多少副作用みたいなものが出る人もいますが、危険か?と言われるとそうでもないです。

実際に、治験を受けてきた人たちの声をふんだんに盛り込んで説明していきます。

これを読めば、治験バイトに関する疑問点や不安な点は解決するでしょう。

内容は、3分くらいで読み終わるかと思います。

治験バイトは危険なのか?

繰り返しになりますが、治験バイトは多少副作用が出たりする可能性がありますが、危険か?と問われるとそうでもありません。

詳しくは以下で解説していきます。

そもそも治験バイトとは?

そもそも治験とは、新しく発売する予定の薬や健康食品、美容のためのサプリメントなど実際に試してモニターするものです。薬として世に出すためには、国から認可を得なければいけないため、治験の結果で安全性を示そうというものです。

使われる薬は、世に出る前のものとはいえ、サプリや健康食品、ジェネリック医薬品のようなものが使われます。

ただし、人によっては頭痛や腹痛、発疹のような副作用が出る人もいるようです。

治験を受ける前には、しっかりと副作用が出る可能性や、詳しい治験内容などの説明はしっかりとされます。

また、途中でやめたくなったら、理由は問わず、自分の判断ですぐに治験を中止することもできます。

 

治験バイトの種類について

治験バイトには2種類あります。

  • 通院型モニター
  • 入院型モニター

 

通院型モニター

通院型はその名の通り、通うタイプの治験になります。

試験によって、拘束時間や通う回数はばらつきがありますが、拘束時間は長かったりするようです。

 

入院型モニター

こちらは、入院するタイプになります。2泊3日を2回や、7泊8日を1回など、こちらも治験の内容によって期間のばらつきがあります。

 

治験バイトが高額な理由

治験のバイトが高額な理由は、副作用がでる危険性があるという点もあるかもしれませんが、第一は拘束時間が長いという点が挙げられます。

例えば、2泊3日の通院型モニターであれば、拘束時間は丸々2日くらいになるかもしれません。

意外と時給で換算してみると、900円〜1000円前後の治験が多いのが事実です。ちなみに、給料の相場は1日あたり1万〜2万円ほどになります。

つまり、稼げるけれども時給としては高くないのです。

治験バイトのメリット・デメリット

治験バイトのメリット

報酬が高額である

上述した通り、治験バイトは給料が高額です。

通院型で2〜5万、短期入院(2、3泊)で10万前後、長期入院(10泊〜)で20万円以上もらえたりします。(※あくまで目安です)

 

規則正しい生活がおくれる

入院型の治験を選ぶと、3食健康的な食事を食べれますし、治験中は自然と規則正しい生活をおくることができます。

不健康な生活をしている学生や生活リズムが狂っている人にはおすすめです!

 

楽にお金が稼げる

楽にお金を稼ぎたい人にはおすすめです。

入院型の治験を受ける人は、自由時間が多いです。それぞれ思い思いの時間を過ごします。

場所にもよりますが、ゲームを持ってきて遊んでいる人や、中にはフリーランスのエンジニアで、治験を受けながらタブルワークをしている人もいるみたいです。

 

治験バイトのデメリット

副作用がでる人もいる

上述したように、中には頭痛や発疹などの副作用が出る人もいるようです。

やはり、薬にも合う合わないあるのですね。

 

採血が思ったより多い時もある

内容にもよりますが、採血の回数が思ったより多いこともしばしばあります。

採血の回数に関しても、事前の説明会で説明があるかとは思いますが、注射や血を採られるのが苦手な人にとっては地獄ですね。

 

ある程度生活が縛られる

治験バイトは規則正しい生活がおくれることがメリットですが、デメリットでもあります。

というのも、ある程度縛られた生活を強いられることになるからです。例えば、集団生活に慣れていない人だと、数日とはいえ複数人と一緒に生活をおくらなければいけないのはストレスに感じる人もいるそうです。

 

治験の評判・口コミ

治験は割と普通に落とされます。

というのも、治験バイトは意外と人気なバイトなので、倍率が高いからです。

 

治験を経験した者だけが知るメリットもあるようです。

例えば、以下のようなことです。

 

ちなみに、女性も治験を受けれるのか、知りたい人もいるかと思います。

先輩の声

治験は女も受けれます。男女部屋は別々で隔離されるので、そういう意味では安心して治験を受けることができます。

 

治験を受ける流れ

治験バイトの流れを簡単に説明しておきます。

 

手順1
まずはサイトから無料会員登録!

まずはWEBページに行って会員登録を済ませましょう!

おすすめのサイトはJCVNです!こちら、全国の治験情報を一括して検索することができます。

治験ボランティア「JCVN」

手順2
会員ページから気になる治験に応募

会員登録すると、会員ページにログインできます。会員ページから様々な治験の募集が見れます。

気になる治験を見つけたら、申し込んでみましょう。

MEMO
ただし、治験は誰もが好きに受けられるわけではなく、必ず基準を満たさなければいけません。当然ですが、自分が基準を満たしているものにだけ応募しましょう。


手順3
説明会へGO!

説明会は非常に重要です。

どんな薬を投与するのか?募集の詳しい内容について。薬の副作用についてなど、詳しい内容は説明会にて説明されます。

説明会とはいえ、お金をもらえます(数千円程度)。なので、治験を受けられなかったとしも行く価値はあるでしょう。


手順4
事前検診

治験を受けたい人にとっては、こちらが難関になります。

事前検診でNGが出た人は治験が受けられません。

 

病院側から、以下のように言われます。

  • お酒やカフェインを控える
  • 激しい運動は控える
  • マッサージや温泉、サプリ等も控える

治験に申し込む人の数は結構多いので、倍率は思ったよりも高いです。

健康でない人や、事前に控えるように言われていた行動をとってしまった人は容赦なく落とされたりするので、気をつけましょう。

ただし、事前検診も謝礼は支払われますので、ご安心を。


手順5
実際に治験を受ける
以上のステップを踏むことによって治験を受けることができます。

まとめ

治験バイトはメリットも多いですが、デメリットも存在します。

メリット・デメリットを両方把握して、それでも受けてみたいと思った人は治験バイトに申し込んでみましょう。

治験バイトを受けたいなら、以下のサイトから自分の気になるサイトを探してみましょう!

治験ボランティア「JCVN」

おすすめ記事

大学生におすすめのバイト20選!あなたにぴったりのバイトはこれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です