貧乏な大学生が増えている?!脱貧乏へ向けてやるべきことはこれ | キャンパスライフ

貧乏な大学生が増えている?!脱貧乏へ向けてやるべきことはこれ

“おさる校長”

大学生の悩みを解決するサイト「きゃんぱすらいふ」を運営しているおさる校長です。今回は、大学生のお金に答えます。

  • 貧乏すぎて大学生活が辛い
  • 脱貧乏のために具体的にやるべきことはなに?

大学生や若者の貧困問題が度々ニュースになっていますが、貧乏って本当に辛いですよね。

今回は、イマドキ大学生の貧困事情を取り上げるとともに、脱貧困に向けて大学生がやるべきことについて語っていきます。

当記事を読めば、貧困から脱出するための方法について詳しく知ることができます。

貧乏な大学生が増えている?!イマドキ大学生の貧乏事情!

若者の貧困状況をチェックしてみましょう。

 

まずは奨学金の利用率から…

日本学生支援機構による奨学金の貸与率

平成19年度 29.9%(学生の3.3人に1人)
平成29年度 37.5%(学生の2.7人に1人)

引用:日本学生支援機構

上記の通り、奨学金を利用している人の割合は10年間で増加しているのが見て取れます。平成29年度の時点で2.7人に1人が、日本学生支援機構の奨学金を利用しています。

この奨学金は貸与型なので、将来返さなければいけません。いわば、借金をしているのと同じことなのです。利息が極端に低いとはいえ、奨学金を返すだけでもかなりしんどいですよね。

さらに、月々の仕送り額も過去最低に…

出典:FNNPRIME

 

仕送り額が8万3100円と聞くと、そこそこあるように思われるかもしれませんが、家賃等を引くと、生活は困窮します。

 

1日あたりの生活費も激減…

出典:FNNPRIME

1日あたりの生活費も大幅に激減しており、なんと1日677円で生活しているようです。

貧困が大学時代だけならまだ耐えられるかもしれませんが、新卒の初任給の平均給料は20万円前後と言われています。手取りで言うと、16万〜17万円くらいです。

 

奨学金を借りている人からすると、貧困は当分続きそうです…

このように、貧困から抜け出すのは相当困難です。

だからこそ、大学生のうちに貧困から抜け出すための対策をしておくべきなのです。

 

以下で、貧乏大学生が貧困から抜け出すための方法について説明していきます。

脱貧乏へ!貧乏大学生がやるべきこと

ここからは、貧乏大学生が貧困から抜け出すためにやるべきことについて解説していきます。

お金を増やすための具体的な方法を知る

まずは、お金を増やすための方法について知っていくべきです。

貧乏から脱しようと思っても、ただ闇雲に毎日を過ごしているだけでは、貧乏から抜け出すのは難しいです。

 

お金を増やすための効果的なステップがあるので、以下の記事を参考にしてみてください。

大学生でもお金を増やすための5ステップ!【金持ちへの道】

この方法は、いきなり明日からお金持ちになれるような方法ではありません。むしろ、着実に、堅実にお金を増やしていく方法について語っています。

お金を増やすための流れがざっと分かるので、ぜひチェックしてみてください。

アルバイトを卒業する

アルバイトずっと続けていてはお金はなかなか増えません。

もちろん、何もない状態からお金を増やすためにはアルバイトも必要です。

しかし、ツイートの通り、アルバイトには積み上がるものがありません。ただ自分の時間を売って、誰でもできるような労働に変えているだけであり、給料も激安です。

“おさる校長”

積み上げのあるもので言うと、例えば「プログラミング」などがそれにあたります。プログラミングは、勉強していくうちに自分のスキルが高まっていきますし、実務経験を積み上げれば、大きな仕事も受けることが可能です。

いづれアルバイトから卒業できなければ、お金を増やしていくのは時間がかかります。

手段はなんでも良いですが、できるだけ早めに積み上げのないアルバイトから卒業し、積み上げのあるものに時間を使うことをおすすめします。

【ブログ体験談】大学生が無理しないブログ運営で月5万!脱バイト!

また、繰り返しになりますが、まずは何かを始めるための種銭(軍資金)を作るべきです。以下は、大学生で50万円貯める方法を解説しています。

大学生が50万円貯めるのは簡単です!最速2ヶ月で達成可能。

節約をするのは合理的ではない

貧乏から抜け出したいからと言って、過度な節約をしてしまう人がいます。

もちろん適度な節約は大事です。

しかし、例えば食費を減らしすぎることによって、体力が減少したり、健康面を損なったりするのは合理的とは言えません。

たった数百円の節約をするために頑張るよりかは、稼ぎを増やした方がよっぽど合理的ですし、効率的とも言えます。

節約も大事だけど、それ以上に稼ぎを増やしていきましょう!

1点突破

大学時代は、長いようで短いです。

あれこれ手を出して、どれも中途半端になってしまうくらいなら、1点突破して突き抜けましょう。一点突破とは、1つのことを究めることです。

あれこれ手を出して中途半端になるくらいなら、1つのことに寝食を忘れるくらいに集中して、突き抜けることをおすすめします。

 

まだやりたいことが分かっていない人は、以下の記事を参考に試してみることをおすすめします。

大学時代にやっておくべきこと17選!これだけやっておけば後悔しない!

大学生のうちにやっておくべきことについての記事です。やっておくべきことを1つ1つ潰していく中で、何か1点突破するものを見つけることも良いでしょう。

 

最後に、スティーブ・ジョブズの名言をお借りします。

仕事は人生の大部分を占める。心からの満足を得る唯一の方法は、素晴らしいと思える仕事をすること。そして素晴らしい仕事をするには、自分がやっていることを愛することだ。それがまだ見つかっていないのなら、探し続けろ。

やりたいことがまだ見つかっていなら、それを探し続けることだ。

貧乏苦学生は大学をやめるべきかどうか?

今の生活が貧乏で苦しいからと言って、「大学をやめるべきかどうか」悩んでいる大学生をよく見かける。

私の結論は、「大学は保険として卒業しておくべき」です。

確かに成功者達は、なぜか大学を中退する人が多い。ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグ、堀江貴文など、成功者に中退者が多いのは事実だ。

世間では、大学中退者の成功話ばかり取り上げられるが、その裏で大学を中退して後悔している多くの人々の存在を忘れてはいけない。

  • 勢いで大学を中退したけれども、今フリーターを続けている。高卒である自分は、なかなか希望の企業に就職できず、激しく後悔している。
  • 大学は絶対に出ておいた方が良い。高卒と大卒では全然違う。

お金が回らなくて中退せざるおえないという人は、1年間休学という選択肢もありだ。

例えば、休学してリゾートバイトにでも行けば、半年で100万円以上の貯金が可能だ。

【体験談】大学生にリゾートバイトが超絶おすすめ!冬休みと夏休みに行ってきた!

もしくは、9ヶ月リゾートバイトに行って、3ヶ月の留学に行くことすらできる。

 

たとえ休学したとしても、ぜひ保険として大学を卒業しておくことをおすすめします。

どうしても退学したい人は、何かある分野で結果を残してから退学する方が良い。

貧乏大学生は逆算して考えよう

貧乏大学生がやりがちなのは、すぐに貧乏から抜け出そうとして効率の良いアルバイトを探して、ずっと貧乏なままだったり、少ない収入のまま節約ばかり心がけることだったり、美味しい話に乗っかって騙されてしまったりすることなのです。

  • アルバイトから抜け出せず、だらだらと続けてしまう
  • 少ない収入にも関わらず、節約ばかりしている
  • 美味しそうな話に乗っかって騙される

貧乏大学生が心がけるべきことは、

  • 「将来どうなっていたいか?」
  • 「どんな死に際を迎えたいか?」

のように、終わりから逆算して考えることが重要です。

 

目先の小さい利益に踊らされて、アルバイトや節約で消耗することではない。

確かに今は辛いかもしれない。それでも、目指すべきところがあって、毎日少しづつでも前に進んでいくことが重要なのです。

まとめ

以上。

貧乏大学生の実情と、貧乏から抜け出すための方法でした。

 

ここまでの内容をまとめます。

大学生の月々の仕送り額や生活費が過去最低を記録し、貧困が加速している。

 

貧困から抜け出すためにやるべきことは以下だ。

  • お金を増やすためのステップを知る
  • アルバイトから卒業する
  • 過度な節約はしない
  • 1点突破(1つのことを究める)

さらに、貧乏大学生は大学をやめるべきでないこと、目先の利益に飛びつかず逆算して人生を考えることについて触れました。

貧困は、抜け出すのにかなりの労力を使うものだ。

だからこそ、大学生の早いうちに貧困から抜け出し、輝かしい未来を歩んでいって欲しいと切に願っている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です