fラン大学に行く意味はあるのか?fラン大生はこのように行動しよう! | キャンパスライフ

fラン大学に行く意味はあるのか?fラン大生はこのように行動しよう!

いわゆる、fラン大学と言われている大学に入ってしまった、もしくは学力がなくてfラン大学にしか入れない人は、fラン大学に行く意味はあるのでしょうか?

こういった質問に答えます。

結論から言うと、例えfラン大学と言われるところでも、大学に行く意味はあります。

以下でその合理的な理由について述べていきます。

当記事を読めば、fラン大学に通う意味が分かると思いますし、記事の後半では、fラン大学生がこれからやるべき事について説明していきます。

そもそも大学に通う意味って何?

fラン大学に通う意味があるかどうか知る前に、そもそも大学に通う意味って何でしょうか?

おそらく、よく考えずに右倣えで大学に入ってしまった人が大勢いるかと思います。

なので、ここで大学に行く意味についてはっきりさせておきましょう。

最も大きな理由は、就職のため

大学へ通う最も大きな理由は、良い会社に入るためです。

高校までは、みんなが同じような勉強をしてきて、同じような試験を受けてきました。

大学でも高校同様に、同じような勉強をすることもありますが、高校に比べるとより専門的な知識の勉強をしているはずです。(学部によって学ぶことが違うのはこのためです。)

もちろん他にも大学に行くメリットはいくつかありますが、

就職のために大学へ行くと言うと、「それはコスパが悪いよね?」って言う人も出てきます。

大学に行くべきだと言う人と、大学は行く必要がないと言う人に分かれますが、私は、大学へ行く必要はあると断言します。

 

社会に出ると、日本はまだまだ学歴社会だなと感じます。

何かやりたいことがある人は、大学を出る必要はないと思うかもしれませんが、人生の保険として大学に出ておくことをおすすめします。

(結論)大学へ行くことは人生の保険として大きな意味がある。

fラン大学に行く意味はないのでは?

確かに、fラン大学は他の頭の良い大学に比べると、就職の時に不利であることは紛れもない事実である。

企業では未だ学歴フィルターが存在しており、学歴で落とされるなんてこともある世界です。

しかし、例えfラン大学だったとしても、大卒としての証明ができるし、高卒よりは選択肢が広がるかと思います。

これからfラン大学に入ろうとしている人へ

これからfラン大学へ入ろうとしている人は、1年間浪人してみても良いだろう。(ただし、家庭の事情でどうしても浪人できない人は入学すべし。)

1年間必死に勉強すれば、fラン大学に入らなくても、他のレベルの高い大学を十分に目指せる。

また、就職活動や人生において、1年間浪人しているからといって不利になることはない。だから安心して1年間必死で勉強してみるのもありかと思います。

fラン大学生に絶対に知っておいて欲しいこと

ここまでの話を踏まえて、fラン大学に通っている大学生が絶対に知っておくべきことを説明していく。

それは、fラン大学に入った時点で、他の頭の良い大学に入った人よりも出遅れてしまっているという事実を理解することだ。

100m走を走るときのことを想像して欲しい。スタートの時点で、最も頭の良い大学の生徒が、自分たちより50m先にスタートし、自分たちはスタート地点より50m前からスタートするイメージだ。

もし、最も頭の良い大学に勝ちたいならば、半端じゃない努力をするか、同じルートでたたかわず近道をするしかない。

それくらいfラン大学に入った時点で、不利な戦いになると思った方が良い。

【朗報】日本の大学生勉強しない問題。

スタートダッシュで遅れてはいるが、日本の大学生は勉強しない人が多い。

ここにfラン大学生でも頭の良い大学に勝つチャンスがある。

つまり、他の大学生が遊んでいる間に、fラン大学生は必死にためになる勉強をしたり、積極的に様々な経験を積んでおけば、将来笑うのはあなただ。

頭の良い大学生がサラリーマンで消耗しているのを横目に、あなたは余裕のある余生を過ごすことができるかもしれない。

こんな人はfラン大学に行く意味はない

fラン大学に行く意味はあるとはいったものの、これから説明するような大学生活を送ってしまう人は、間違いなくfラン大学に通う意味はない。

fラン大学に行く意味がない人
  • 在学中に将来のためになることをしない人
  • 勉強しない人
  • 遊んでばかりいる人
  • アルバイトで稼いだお金を有効に使えない人

繰り返しになるが、スタート地点で出遅れていることを意識せずに、毎日を無駄に過ごしている人は大学に行く意味はない。

高卒とそこまで大差のない人生を歩むことになるだろうから、高校で働いてしまった方がよっぽど良いだろう。

fラン大学生が在学中にやるべきこと

以上を踏まえ、fラン大学生が大学在学中にやるべきことの具体例を挙げておく。

まだ、やりたいことややるべきことが決まっていない学生は参考にしてみてほしい。

1.まずは何をやるか決めよう!

あなたにはやりたいことがありますか?

やりたいことがあるなら、この項は無視してもらっても構わない。

やりたいことがない人は、以下の記事を参考にして在学中にやるべきことややりたいことを見つけよう!

関連>>>やりたいことがないあなたへ!私はこうしてやりたいことを見つけました

関連>>>暇な大学生におすすめの過ごし方5選!ラットレースから抜け出そう!

2.目標をはっきりと設定しよう

目標を設定するかどうかで、キャンパスライフの充実度がまるで違ってくる。

目指すべきものがあった方が、達成率は格段に上がるものだ。

まだ自分の目標を設定していない人は、すぐにでも目標を設定して、その目標に向かって走り出すことをおすすめする。

関連>>>【おすすめ】大学生の目標設定方法!充実したキャンパスライフを過ごすために

3.人より圧倒的に行動しよう

何をやるか、そして、目標が決まったのならば、後は行動するだけである。

行動するのは一番体力を使うかもしれないが、一番重要なことである。

頭の中で思っただけで、行動が伴わなければ何も変わることはない。

あなたの人生を、輝かせるものは行動によってのみ手に入る。

fラン大学生は圧倒的に行動して、人生から逃げ切ってやろう。

最後に

最後に、最も重要なことについて語っておく。

大事なのは、どこでやるかではなく何をやったかである。

大学でfラン大学に入ってしまったのは、あなたの人生においてちょっとした挫折だったかもしれない。

しかし、重要なのはこれから何をやるかだ。

例え、学歴がなかったとしても、大学在学中にやったことが認められれば、高学歴の人よりもはるかに良い企業への就職も全然あるのだ。

もしくは、在学中に身につけたスキルで起業してしまう人だって出てくるだろう。

大学はあくまで通過点だ。

fラン大学に入ってしまったと悩んでいるくらいならば、今すぐ動き出してfラン大学であることさえも強みにしてしまうくらい圧倒的に行動しよう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です